雨は止んでも、また降ってくる

31歳、既婚、子供のいない主婦がなんでも自由に書くブログです。

こころの話

31歳にして人生初の家出。人を怒らせて、勝手に消耗する私。

「レジ打ちの仕事が座ってできたら躊躇なく応募するのになぁ。」そんなしょうもないことを言う私に、夫が思い出したように米国に滞在していた頃のことを話してくれたことがある。それはNYにある某ファストフードチェーン、サ○ウェイにてのこと。bigなbodyの…

自死で母を亡くした私が思う「母の日」について

母が自死で亡くなり10年以上が経った。正直言うと、ここまでくると母のいない生活が普通だし、母のことを思い出さない日はないなんてこともない。普通に思い出さない日だってある。 ただ、この時期は毎年否応なしに思い出されてしまう。「母の日」に関する情…

現実は動くもの

今日、心療内科のお医者さんにそう言われた。 最近よく見かける黒猫が子猫を2匹連れていた。かわいかった。もうそういうのだけでいい。そういうのだけがいい。 私の頭でそれ以上のことを考えたって、あまりいいところに辿り着けない。

恥の多い生涯を送っています。(現在進行形)

自分の愚かさに押し潰されそうになる。 死にたい気持ちに逃げ込みたくなる。 そんな自分も愚かなのか。 人間失格というか、ことごとく人間なんだと思い知らされる。 あーー!!

【不安障害?】震えてしまう...!

「全然食べてないじゃん。もっと食べなよ!」数年前、会食の席でそう言われた。できるなら私ももっと食べたかった。でも、怖くてなかなかできなかった。箸を持った手が震えるんじゃないかと思って。だからみんながワイワイ話している隙を狙って、料理を食べ…

心療内科の初診予約が取れないとき

●予約が取りづらい心療内科 最近、通っている心療内科の診察が以前より待たされるようになり、患者が増えたような気がして、これはもしかしてと思ったら…予感的中、初診受付を停止しているようです。患者一人一人に時間をかけている心療内科なので納得です。…

頭がうまく働かない

今日は自分の頭のダメさがショックで、思わずキッチンで座り込んでしまいました...。 久々に料理をしたのですが、気付いたら私の意図したメニューとは違うものを作っていたのです。買い物の時点では、私の意図していたメニューのためのものを買っていたので…

夕焼け空とラジオゾンデ

空気中の水蒸気や塵埃、雲の形状や高さ、そして太陽が傾くごとに変化する光の条件...それらが奇跡的に組み合わさって、とても美しい空が見られることがある。それはほんの数十秒だったり、数分間ずっと見惚れるような時もある。その美しい時間は、夕日がまだ…

francfrancで憧れのティーセット♡〜冬に向けて〜

今まで温かい飲み物にはマグカップだったり湯のみを使っていたのですが、ずっと使ってみたかったティーセットをフランフランで購入しました。ちょっと優雅な気分になれそうな。所詮は庶民なんですけど、庶民だからこそ気分が大事なのです!花柄かわいいなぁ……

忘れてゆくこと。

久々に母方の祖母に会いに行った。会うのは約5年ぶり。こんなに間が開いてしまったのは、私が弱かったということが理由のひとつ。会う度に、毎回私の母(祖母にとっての実の娘)が自死したことを嘆き泣く祖母を、私は受け止めきれなくなったのだ。 今は少し…

小さな成功体験ー窓側の席に乗れた記念日ー

飛行機で窓側の席に座りました。 これが私の成功体験です。何が?と思うでしょう。でもこれは私にとってはちょっとしたチャレンジでした。 // スポンサーリンク'); // ]]> // 昔は窓側の席が好きでした。空から見る沖縄の海は最高だし、東京の夜景も本当に綺…

健康診断を受けたいと思った。

だから何だって感じですよね。でもこれは私にとっては進歩なのです。だって、「健康診断を受けたい=''生きたい''前提」です。私は昨年、健康診断をサボリました。それは手続きの面倒くささもあり、無駄なことを考える間ができてしまったからです。別に死ん…

命なんてよくわからない

午後十時を過ぎても夫がまだ帰ってこないと、少し憂鬱になる。時々疲れて帰ってくると、ピリピリした空気が伝わってくるからだ。そういう日は、全身が力んでいる自分に気がつく。それは夫が悪いわけでもないし、かといって私が帰らせない職場に腹を立てても…

【母を追う旅】「ソフィーの世界」へ行ってきます。

今週のお題「読書の秋」 いわた書店の1万円選書が当選したから今年はもう本は買わないかな、なんて思っていたけど全然そんなことなかった。むしろ、読んでいくうちに文章を読むスピードがだんだん速くなって、気付けばあっという間に1万円分を読破していた。…

遺書について

Coccoの「遺書。」というタイトルの曲の歌詞が好きです。いつか余命宣告されるようなことがあればあれぐらい綺麗に、伝えたいことを全て伝え切りたいと思います。でも人間なんて誰がいつ突然死ぬかも分かりません。だから、もし死後に伝えたいことがあるのな…

減薬、ダメだったかなぁ…??

明らかに活動力が減っている。いや、活動力があったのが薬のおかげだったなら、本来の自分へ戻ったと言ったら正しいのだろうか? あと、ちょうど減薬始めたときにひとつ、ふたつ、環境の変化もあって、それも原因かなと睨んでいる。と、自分を分析的に見てみ…

死んじゃダメだよ

高橋まつりさんが死にたいと言ったとき、お母様は「死んじゃダメだよ」と何度も言ったそうだ。それでも彼女は自ら命を絶った。あんなに美しくて優秀な方なら、いくらでもやり直して幸せになれるのに。というのは、本人以外の誰もが思っただろう。それでも彼…

心療内科ー治療のゴールとは?ー

心療内科に通って半年経ちました。この半年間はずっと同じクリニックに通っています。正直とても通いにくい場所にあります。往復で1時間ほどは歩かなければなりません。(いい運動になるからいいのですが。)それでも、通い続けるのは、やはり医師が信頼でき…

人生迷子で雲龍院

京都。何度も行っている大好きな場所です。今回は1日だけの観光だったのですが、どこへ行こうか迷いに迷って...''雲龍院''になりました。人混みが嫌で、定番スポットを避けて辿りついた場所です。静かで落ち着けるなかなかいい場所です。こじんまりとしたお…

京都(勝林寺)で初めての写経体験

大阪に引き続き、久しぶりに京都へ行ってきました。今回は京都で観光できるのが1日だけだったので弾丸ツアーです。今回楽しみにしていたのは「勝林寺」での写経体験!ここのお寺、しっかりとしたホームページがあって事前に座禅や写経がネット予約できるの…

モラハラ男の生態と、モラハラ男にハマっていた自分の心理を分析してみる

私は大学生の頃、モラハラ男と付き合っていました。くっついたり、別れたりしながら2年半、いろいろと苦しかったです。でも若かったし、勉強ににったので、なんであんな奴と付き合ってたんだろう時間の無駄だったわー!とは思っていません。あの時は普通に…

過敏性腸症候群(IBS)の薬、イリボーが神がかった効果を発揮した。

夏になると下痢になりやすいという方も多いのではないのでしょうか。私も最近まで腸が崩壊しておりました。腹痛とともに便意を感じトイレへ駆け込むものの申し訳程度の量の軟便しか出ず、というのを1日複数回繰り返し、常に残便感に悩まされ、また便意を感じ…

受け止め方も、乗り越え方も、分からなかった

今日は色々と考えてしまって、なんとなく気持ちを吐き出したい気分なので...若かった私が失恋を乗り越えるためにした無茶な行動について書こうと思います。とにかくあの頃は孤独でした。20代が1番良い時なんて言う人もいるけど、1番苦しい時の間違いじゃない…

みんな一緒じゃないと不安という心理(惑わされるな自分よ...)

こんな日が近々来ると予想はしていたのです。昨日、とあるグループラインで、無事出産しました~!と赤ちゃんの写真つきで報告が来たのです。ひと通りおめでとうの祝福の言葉が終わると、次は...「実は私も妊娠中で…」「私も今◯ヶ月!」なんて続いたのです。…

子供が欲しいと思えない自分(2)流産後のノイローゼから思ったこと

前回記事の続きです↓ www.shirotan.xyz 私がノイローゼになったのは決して流産が悲しかったからではないです。むしろ全く逆で、流産が悲しくなかったから、です。子供を全く欲していないということを自分でよく理解したからです。夫が欲しいと言っているのに…

子供が欲しいと思えない自分(1)義務感からの妊娠、悲しくなかった流産

〔〔★はじめに〕〕 妊娠・出産に関する話題は非常にデリケートであり、かつ人によって考え方がかなり異なるものだと認識しております。私は自分が子供を欲しいと思えないことに悩んだり、問題に感じることがあるので、同じような方向けの記事を書ければいい…

「元気だよ」って嘘をつく必要がなくなった今こそ

来月、久々に実家へ帰ることになりました。一番の理由はワンコの世話。父が旅行へ行くので、その間私が面倒を見ることになったのです。うちの犬は柴犬の雄なのでどうやらペットホテルから断られてしまったのかな。いい子なのになぁ(ToT)実家には祖母もいるの…

1000万テキトーに使って死のうと思ったけど死に損なって生きてしまっているよ!

自殺志願者によくあるやつ。「30歳までに死にたい」願望。私もそれでした。20代半ば、ニートになった私は死にたい願望がピークに達していました。そのとき私の手元には1000万円くらいありました。何のお金かというと、母が自殺した時に入った保険金等々。将…

老いってずるいなあ

今の私の実家には父と祖母、一匹のワンコが住んでいる。母は11年前に自殺で亡くなった。祖父は昨年末に亡くなった。父も還暦を迎え、つまり実家は高齢者だけの世帯。 私は小さい頃から父も祖母も嫌いだった。私が家族で好きなのは優しい母と兄だけ。父は普段…

信じている綺麗事はありますか?

私は綺麗事が大嫌いです。「止まない雨はない」とか。だからこのブログは「雨は止んでもまた降ってくる」というひねくれたタイトルなのです。なかなか現実的だと思うのです。ちなみに、私は止まない雨も存在すると思います。その時々で強弱をつけて打ちつけ…