雨は止んでもまた降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

兄妹そろってニートだった頃と、ニートを抜け出すまでの話【3】脱ニート・社会復帰(妹編)

ではでは妹、つまり私がニートを脱した経緯を紹介します。

 

ニート・社会復帰(妹編)

  私はニートを1年2か月で終えました。それ以前に前職で半年間の休職をしていたので、実質2年弱は社会へ出ていませんでした。社会復帰できたのは、やはりニート初期から社会復帰直前までの自分の心に変化が出てきたからです。具体的には...

 

ニートである自分を完全に受け入れた。

ニート期間が長引いている現実も焦りも冷静に受け入れた。

ニートを楽しんでいた。自由なのをいいことにやりたいことを楽しんでいた。

・死にたくなったり、突然泣き出すような情緒不安定が出る頻度が少なくなった。

 

  私のニート2〜3か月目というと、容赦なく襲ってくる「死にたい」という気持ちと「仕事しなくては」という焦りで頭がパニック状態でした。早くこの状況から脱したいという気持ちの一方で、まだまだ自分の精神にそんな余裕はなかったのです。だからすごく苦しかったです。自分が今どんな状態なのか全然自分で理解できていなかったのです。その状態から、自分を理解し、受け入れ、「もう大丈夫かも」と思える余裕が出てくるまで1年2か月かかりました。

 

 まずはいくつかの派遣会社に登録しました。久々の社会復帰であること、前職を退職したことで心身ともに人より弱いことを理解したこと、そんな不安もあり、私はある程度自分の希望する労働条件で働けることを選択しました。社会復帰できそうという気持ちはあっても万全ではなかったからです。不安だらけだし、自信なんて全くありませんでした。なので、派遣会社を通じてまず仕事を始めるというのは私にとっては正解でした。社会復帰にあたって派遣会社を使うメリットとしては...

・期間限定の仕事や、フルタイムではない仕事、残業のない職場、等希望を出せること

・必ず担当の営業マンがついてくれること。

 私はフルタイム3か月の期間限定の事務の仕事を選びました。そして企業との顔合わせ、就業初日には営業マンの方が一緒に付いてきてくれます。これが私には心強く感じました。また就業中も定期的に、仕事の状況はどうかヒアリングしてくれます。普通の就活はこれら全て一人ですからね。安心感が全く違います。

 そして履歴書については誤魔化すことなく、正直に書きました。私は運が良かったのか企業との顔合わせ時にブランクについて触れられることはなく、就業が決まりました。そしてその3か月間の仕事は複数人同時で始めたものだったのですが、これがすごく良かったです。みんなとランチを食べたり、休憩時間中に雑談をしたり、楽しく仕事をすることができました。

 

 その後は、また数ヶ月間の期間限定の仕事をいくつか続けました。再度、期間限定の仕事を選択したのは自分の体力・精神力のことを考えた上です。順調な社会復帰ではありましたが、万全ではありませんでした。通勤の車内で意味もなく涙が出てきたりすることがあったり、ミスをしてしまい辛いこともありました。ですが、これらの仕事は全て休むことなく全うしました。

 

 実は、期間限定の仕事にこだわったのは他にも理由があったのですが、それについてはこの後全く別の話になるのでまた別の機会に書きたいと思います。とりあえず、私の社会復帰についてはこれで完了です。