雨は止んでも、また降ってくる

アラサー女の思いごと、いろいろ

【沖縄本島】ちょっとマイナー(?)絶景スポットと、本島観光のちょっとしたコツ

 突然ですが、沖縄の離島の海は超綺麗です。

私は昔から沖縄旅行が好きなことと、現在沖縄本島に住んでいることもあって、宮古八重山、慶良間、与那国...いろいろと行く機会がありました。離島の海を見てしまうと目が贅沢になってしまい、沖縄本島の海がそこまで綺麗だと思えなくなる現象が起きてしまいます。それから本島の有名どころは観光客が多すぎて、のんびりした雰囲気が失われつつある場所も多くなってきました。

  しかし、まだ沖縄本島(または本島から車で行ける離島)でもそこまで混雑せず(多分)、比較的静かで離島並みに綺麗な海が見れるスポットがある場所をいくつか発見したので紹介します。沖縄旅行リピーターの方なら全部知ってるかも!?

(行き方写真までは撮ってないので、場所は文章で表現できるとこまで書きます。)

 

 

 

(1)果報バンタ(東海岸

f:id:escapismphoto:20170415123330j:plain

 写真を見てわかる通り、文句無しに美しい。結構高台なので実際に行くと迫力もあります。うるま市海中道路を渡った先の離島「宮城島」にあります。本島&本島から車で行ける場所では一、二を争う絶景かと思います。海中道路」は割と有名なので行く人も多いと思うのですが、むしろその先にあるここが見逃さないでほしいポイントです。

場所:宮城島「ぬちまーす観光製塩ファクトリー」駐車場のすぐ側です。

 

(2)Beach51近く(西海岸)

f:id:escapismphoto:20170415125601j:plain

 ここの正式な名称はあるのでしょうか?浅瀬が続いていて透明度が抜群、絶好のフォトスポットです。ダイビングやシュノーケリングで有名な真栄田岬の近くにあります。ご覧の通り、高台なのですが柵もなく足元も不安定な場所なことと、たどり着くまでに少しだけ草をかき分けて通るような場所になるのでハブにご注意ください。

場所:真栄田岬近くに「ENZO」というピザ屋さんがあります。そのちょうど向かい側に畑の脇道があります。その先は木々が生い茂っていて行き止まりのように見えるのですが、近づいてみるとさらに奥まで進める通路があります。人一人やっと通れるくらいです。そこをかき分けて進んだ先にこの景色が広がっています。(真栄田岬の駐車場に停車して行くのがベストです。徒歩で5分くらいです。ただ、この辺りはシーズンになるとダイビングやシュノーケリングのお客さんが多く、駐車場が足りなくなるため路駐で一杯になることもあります。路駐で駐禁をとられる場所もあるので気をつけてください。)

 

(3)ジュゴンの見える丘(東海岸

f:id:escapismphoto:20170415132537j:plain

 Coccoの曲のタイトルにもなっているこの場所。この日はちょっと曇り空で残念なのですが、やはり美しい場所です。辺野古近くなので、今後工事が進むとこの場所は立入禁止になってしまうでしょうか?今後も入れるといいのですが...(すみません、確実なことはわかりません)ちなみにここもご覧の通り、柵なしの断崖絶壁です。そして、15分ほど歩かないと行けない場所になります。その道のりも赤土で滑りやすかったり、崖がすぐそばにある細い道を歩かなければいけません。そして本当に誰もいません。誰もいないので静かでいいのですが、危険なので一人では行かないようにしてください。複数人でも悪天候の日や、その直後には行かないようにしてください。そしてハブにご注意を。

場所:嘉陽小学校沿いの道を北へしばらく進んで、右側になります。超雑な説明ですみません!勝手にリンクを貼れないのでジュゴンの見える丘 行き方」などで検索して詳細を確認してください。説明したページがいくつか出てくると思うのでそちらを参考にしてください。)

 

沖縄本島観光のちょっとしたコツ(アドバイス

 以上、私が紹介したかった絶景スポットはこの3か所です。そしてそれぞれの見出しに東海岸)(西海岸)と書きましたが、それには訳があります。気候や時間によって海はかなり見え方に差があるからです。

 もちろん一番大事なのは太陽が出て晴れることなのですが、さらに綺麗な海の青色を見るためには太陽の位置が重要になります。太陽光の散乱に基づいて考えると、

・西海岸は午前中(太陽が東側にあるとき)

東海岸は午後(太陽が西側にあるとき)

に行くのがおすすめです。一番綺麗な海の青を見るためのコツです。

 それから、波の高さや、潮の満ち引きなども見え方に影響します。もちろん波が穏やかな方が海は綺麗に見えます。気象条件により、日によっては西海岸と東海岸で波の高さが全く違う日もあります。潮が引いて遠浅で美しい場所もあれば、眺めるには干潟の占める割合が広すぎてしまう場所もあります。そこまでこだわっていたらきりがないか。

 でも、もし行く場所に迷った場合は、そのときの時間帯や気象情報を参考にプランを決めてみるのもいいかもしれません。

 何はともあれ、沖縄旅行の一番は晴れることですよね。沖縄は天気によって魅力が1か10かぐらい違ってきます。ここまで記事を読んでくださったあなたの旅の日が晴れますように☀︎