雨は止んでも、また降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

病んで実家へUターンした私が、再上京した話(1)

 今日は、病んで実家へUターンした私が27歳で再上京した話です。しかも無職で。我ながら思い切ったことをしたと思います。もはや半分勢い任せでの実行だったことは否めませんが、もちろん計画的な部分もあります。私がなぜ再上京したのか、どうやって再上京したのか、お話したいと思います。

 今回の記事は、再上京したかった理由とそれを決意するまでのお話です。

 

再上京したかった理由(1)やっぱり私は地元も実家も好きになれない

 一番の理由はこれです。高校生まで田舎の実家に住んでいた私。そのときから「早く東京の大学へ行って一人暮らししたい!」それをずーっと楽しみにしていました。もはやどの大学かというとのは半分どうでもよくて、とにかく東京で一人暮らしして大学生活をエンジョイするのだというのにすごく憧れていたのです。(なんだかバカっぽいですね。)

 

 で、それが実現したわけです。ホームシックなんて一度もなったことのないです。しかも私が大学生になって間もなく、家族の中で一番大好きだった母親も亡くなり、もはや実家に帰る選択肢なんて一切ありませんでした。そしてそのまま関東で就職したのですが、社会人3年目、心を病んでしまい実家へ帰ってしまうことになったのです。(⚠︎ニート生活については別カテゴリで記事ありますのでご参考にどうぞ。)

 

 でも、一度東京での生活を体験するとあの快適さがなかなか忘れられない...

 

   私はことあるごとに何かと田舎の生活と比べてしまったのです。太平洋側の快適な気候、田舎の近所付き合いがない気楽さ、一人暮らしの気楽さ、時給の高さ、公共交通機関の利便性、買い物の楽しさ、大学時代の友達がいること、それ以外にもいろんなカテゴリの人と知り合える楽しさや可能性...

 

 田舎の実家へ帰って約1年間はニート生活、後の1年間は派遣社員として期間限定の仕事をいくつかこなして生活していました。車も買って、犬も飼って、私は恵まれている。もう一生地元で生活するんだろう、父もそう願っているだろうし、そう思い込もうとしていました。でも一生地元で生活する未来を想像するたびにゾッとしてしまう自分がいたのです。私はやっぱり実家も地元も好きじゃないことを思い知らされ、そして日に日に、ああやっぱり東京がいいな...という気持ちが大きくなるばかりでした。

 

 期間限定の派遣社員をしていたのは、体力がなくフルタイムの仕事を長く続ける自信がなかったことのほかに、長く仕事を続けてずっと地元にいるかどうかわからない、という気持ちもあったからです。

 

 そして、私はもう一度東京で暮らしたいんだ!と確信したのです。

 

再上京したかった理由(2)地元で暮らさない人と結婚したい

 再上京しようか悩んでいた27歳、次第に結婚願望も出てきました。しかし、Uターンして実家で過ごしていた間、浮いた話が全くなかったのです。デートすら一度もしませんでした。ニートをしていた期間はともかく、働いていた時期も何もなかったのです。優しい友達が男性を紹介してくれたこともあったのですが、それも何だか全く噛み合わず、二人で会うこともなくそれっきりでした。

 

 ちょっと焦りもありました。田舎の人は結婚が早い人も多いし、そもそも人の数が少ないから知り合うのにも一苦労。その上、地元で暮らしていくことに夢も希望も抱けなかった私。そこで考えたのが、大手企業の支社でたまたま転勤でここに来ている独身男性と結婚するしかない!本気でそう思いました。でもそんな貴重な逸材と出会える機会なんて皆無です。しかも消極的でコミュ障の私。実に非現実的だと思いました。そこで思いついたのが...

 

 婚活しちゃえばいい。そしたらいろんな人と知り合える。

 

 でした。単純だけど理にかなってると思ったんです。婚活、正直抵抗ありました。でも、そんなこと言ってる場合じゃないと思いました。というのも、私のコミュ障具合は結構壊滅的だから。1:1なら割と普通に話せるのですが、学生時代の女子のクラスメイト以外、複数人で集まるとまともに会話することがほぼ不可能なのです。だいたい人って最初知り合う時、何ならかのグループからですよね。サークルとか、友達の友達とか、仕事とか...でも私そのグループにまともに馴染めないので、それ以降の関係に発展させることが非常に困難なのです。

 

 そしてどうせ婚活するなら地元だけじゃなくて、いろんな人と知り合ってみたい。もっと広いカテゴリで出会える可能性に賭けたい。

 

 そして、27歳という年齢...そんなゆっくりもしてられない。それならもう東京で婚活するしかない!そう思ったのです。

 

こんな理由だけで本当に再上京しました。

 本当に再上京したのは上記二点の理由だけです。

・地元が、実家が好きじゃない。東京の生活に戻りたい。

・結婚したい。だからいろんな人と出会えそうな東京に行きたい。

 

 東京でこんな仕事がしたい、東京で夢を叶えたい、私には目標があって...なんていうのは皆無でした。まず、働くの好きじゃないし。こんなことで再上京して本当にいいのか当時は本当に悩みました。まず地元が好きじゃないからって理由が後ろ向きで逃げてるみたいだし、婚活のために東京行くなんてそれもある意味逃げてるとも言えるし、相手ありきだから自分の力ではどうにもならないこともあるし、一体結婚できなかったらどうするの?って話です。それから、病んで帰ってきた私が再上京をするのを父にどう説明したらいいのか...。いろいろ言い訳も考えました。

 

 こんな理由しか浮かばないゆえに、当時はこのまま地元で暮らすべきなのか、具体的な夢も目標も当てもないまま再上京をしてもいいのか、毎日毎日悩んいました。

 でも、今はこれも立派な理由だったなと思います。自分が快適に生きれるように住処を変えるって、全うな理由です。それで、あやふやだとしても少しでも未来に希望が見出せるのならいいことです。それくらい、その時の私の生活には夢も希望も安定もなかったということでもあるから。「そんなの逃げでしょ」って言われたら、そうかもって答えます。別に私はそれでいいです。逃げでもいいからとにかく何かを変えたいのなら行動あるのみですから。

 

 なんかたまに「ここでダメならお前はどこでも通用しない。」とか、「ここでダメならどこいっても一緒。」なんて言う人いますけど、全然そんなことないですよ時と場合による、って言ってしまえばそれまでなんですけど、本人が置かれてる環境って超重要じゃないですか。住んでる場所や職場が違うだけで、いろんなことが変化しますよね。可能性も人間関係も何もかも。

 それだけじゃなくて、感覚的なものも。なんとなくこの土地合うなあとか、なんかこの場所嫌だなあとか、よく理由はわからないけどそういうのも大事なことだと思うのです。それで運気や風向きみたいなものが変わったり。見違えるほど色々と事がうまく進んだり、残念ながら悪い方向に変わることもあるけど...そこはもう賭けですね。っていうくらい、住処や仕事が変わるって大きな違い、変化って絶対あるでしょ、と私は思うのです。スピリチュアルとかそんなことに興味がなくても、誰だって感覚的なものとか、運のあるなしって感じることがあるでしょう。

 なので、もし上記の「ここでダメならお前はどこでも通用しない。」とか、「ここでダメならどこいっても一緒。」なんてリアルに言われた人がいたとしたら、そんなの無視して、次の可能性に全力で賭けていきましょう...🌟

 

 ということで、次回は具体的に行動して再上京を実現させるまで書きます♪