雨は止んでもまた降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

婚活で結婚した話(1)婚活をした理由編

 婚活を始めたのは27歳の頃でした。そのときから私は多分自分を客観視できていた方だと思います。ニート期間に嫌というほど自分に向き合わされましたから。婚活、抵抗ありましたよ。でもそんなこと言ってる場合じゃないことは私が一番解っていました。それはなぜか...その理由を書いていきたいと思います。

 

(1)コミュ障だから。

 結婚に至るまでって人それぞれで、いろんなパターンがありますよね。学生時代から長く付き合って社会人数年したところでプロポーズ、同じ職場の同僚にいつの間にか惹かれて社内恋愛ののち結婚、友達に紹介された人や友達の友達と仲良くなってしばらく付き合って結婚、習い事や趣味で出会った人と意気投合して結婚...などなど、言うなれば

「日常生活の中での自然な出会いからの結婚」

 婚活に抵抗感があるのって、この「自然な」にこだわる故ですよね。私もわかります。できれば自然に、出会わざるをえなかった人に出会ってたまたま気が合って...って感じで結婚したかった。

 

 でも私には無理!まず学生時代の彼氏とはもうとっくに別れているし、体力気力がなくて毎日死にそうな顔で仕事行ってるのに職場恋愛とか余裕ないし、まず職場恋愛自体にとても抵抗感があります。習い事をするにはお金もなければ、仕事後に何かをする体力的余裕もないです。

 そして何より、最大の理由がコミュ障だから。私は異性が混ざったグループに属してそこに馴染むということが不可能なのです。今までの人生で複数人のグループで自然に居られたのは、異性がいないグループだけ。いわゆる女子会だけ。男性が混ざった時点で私は混乱します。うまく話せなくなります。学生時代からずっと悩んでいて改善しようと思い約10年、もう諦めました!1:1なら結構話せるのですが...じゃあ今から1:1で自然に知り合う機会って何?街ですれ違いざまハンカチ落としましたよとか?

 

 ということで、私は婚活しないと結婚は難しいと判断しました。普通にコミュニケーションができる人たちですら出会いがないと嘆く中、私はどうなるのよと、危機感すら覚えました。

 

(2)結婚せずに一人で生きていく厳しさを実感したから。

 だってニートでしたから。もうそれに尽きます。社会に出てまともに働くということが私には非常に困難なことだとわかりました。それでも死ねないから、生きるしかないし、生きるなら経済的にも精神的にもパートナーいた方がいいに決まってる。と思い変な開き直りをしました。

 

 もう辞めたい死にたいと思いながら仕事をしていた時、駅でホームレスを見た時に「私もああなる可能性、十分にあるな。」そう思いました。結婚した今でもその思いは消えないですけどね。人生何があるかわかりません。

 

(3)27歳だから。それ以外に何もないから。

 また言いますけど、だってニート経験者ですから。気づいたら即実行です。今が一番若いから。女は年齢じゃないと思いたい。思いたいけれど、年齢についてはリアルより婚活の方がよりシビアだという現実は否めないらしい...。30代になった時にキャリアウーマンにでもなれればまだその時に結婚を考えてもいいのかもしれませんが、私には何もありません。お金を稼ぐ能力も、コミュ力も、強さも。だったらもう20代で勝負するしかない。

 でもこんな私もちゃんと武器を持っていることを解っていました。冒頭で書きましたが、私は自分のことを客観視できでいると言ったのでもう遠慮もなく堂々と書かせてもらいます。私の顔は結構可愛い。それと、1:1なら普通に話せる。(←これは武器か?)私の勝算はこれだけです。

 婚活となると条件とかスペックの話ばかりが取り上げられがちですが、私は基本は普通の恋愛と変わらないと思って活動しようと考えていました。一緒にいて楽しいとか、落ち着くとか、居心地がいいとか...そういう感覚的なものをまず一番大切にしたいなと思いました。何もない私だからこそ、自分にとっても相手にとってもまずそこを満たし合えることが大切だと思いました。

 それ以外に相手に求めるものは、お金がたくさんあれば幸せなわけじゃないし(そりゃもちろんある程度ないと困ります。)、好みの顔のイケメンといたらなんでも許せるわけでもないし(過去にいろいろあった。)...はっきりとはわからない...。私はそこは相手がいないと想像できませんでした。求めるものは、誰かに出会って、それからだ!と、さっき私自分のことは客観的に見れてると言い切った割に、相手に関してはテキトーでした。ただ、婚活を開始するにあたって、私はお花畑でもないし、卑屈しすぎることもなかったし、冷静だったということには自信がありました。

 

 以上、私が婚活をした理由です。

 

 そうそう、最近ある女子会で友達が言ってたんです。その友達は学生時代から7年間付き合って結婚に至ったのですが...

「結婚って結婚自体が目的じゃなくて、好きになった人と一緒に過ごすうちに自然にしたいなって思うものだよね。」

 そして、「いいこと言った〜」なんてみんなが賛同する中、なんて幸せな人たちなんだろういいな〜、と思った私。私、友達は少ないのですが、なんかみんなキラキラしてるんです。そんな素敵な人だからこんなセリフが言えるんですよね。そんな素敵な友達がいてよかった。...なんか話がずれてきたのでこれで終わります。次回は実際に婚活して結婚に至るまで書きます⭐️