雨は止んでも、また降ってくる

アラサー女の思いごと、いろいろ

婚活で結婚した話(後編:予想外のスピード婚)

私は婚活をして結婚しました。

前回の記事では婚活をした理由についてつらつらと書き連ねたのですが、思い立ったら次はとにかく行動に移すのみです。今回は婚活から結婚に至るまでの短い道のりについて書こうと思います。

(前編の記事⇩)

www.shirotan.xyz

 

 

私の婚活方法

   最近はいろんな婚活方法がありますよね。SNSなどネット、パーティ、相談所、街コン、バスツアー…いろんなイベントにかこつけて婚活が行われている気がします。いろいろある中で私が選んだのは、ネット婚活。

   なぜなら、コミュ障だから。パーティなんて絶対うまく立ち回れないし、最初から相手とは1:1で会いたいからです。結婚相談所は料金も敷居も高く感じたので最初の選択肢にはなりませんでした。

    

    ということで、とりあえず某婚活サイトにひとつだけ登録しました。あまりメジャーではないところです。その婚活サイトはSNSのようになっていて、自己紹介ページだけではなく、日記を書いたりもできました。(システムとしてはm●xiに似てたかも。)個人間のメッセージも送ることもできました。私にとっては堅苦しくなくて、やりやすい婚活サイトでした。

    そうそう、登録にあたって重要なのは顔写真自宅の窓際からの柔らかい自然光を利用して自撮りしまくりました。その中から可愛いものを選び、不自然になりすぎないように加工、実物と違いすぎると後で実際に会った時にがっかりされるので、「実物より少しだけかわいい写真(自分目線)」に仕上げました。

 

   そしたら思いの外たくさんのメッセージが届きました。誰が誰だか整理つかなくなりそうなくらい。大学入学当初に新歓パーティ巡りをしていた時以来のチヤホヤぷりで戸惑いました全員とやりとりをするのは無理だと判断したので、プロフィールを見つつ、しばらく数人とメッセージを交換し合っていました。それから間もなく、その中の1人の方と会う約束をしました。

 

 

 

婚活終わり

    早いのですが、もうこれで終わりです。結論を言うと、その人と結婚しました。私、婚活で今の夫となっている人以外には会っていません

 

   彼に2度目に会ったときに早速お付き合いの提案をされました。正直、悩みました。他の人にも会ってみたいなぁという気持ちがあったからです。婚活で久しぶりにモテた気がして、いろんな人と出会うのが楽しみかもと思ってちょっと調子に乗っていたところもあります。

    でもお付き合いすることにしました。相手にすごく惹かれていたということもなかったです。ビビビッと来た!(古い)とかなかったです。でもなんというか、断る理由が見つからなかったのです。もちろん、まだ2回しか会っていないので何も分かりません。何もわからないけど、何も分からない段階なのに、なぜか一緒にいてもう既に楽というか疲れなかったのです。多分、相性は悪くないのかなと思いました。断る理由がないから付き合うなんてどうなのかとも思いましたが、その時は流れに任せてみることにしました。

   

 私はモテるために婚活をしているわけではなかったし、いろんな人に出会うのも楽しいけど、そのために婚活をしているわけではなかったです。あくまで目的は結婚相手を見つけるためです。だから真剣に付き合おうと言ってくれる悪くない人がいるのであれば付き合ってみようと思いました。そしてその時点で婚活サイトは退会しました。

 

お付き合いから結婚まで

    お付き合いをして2ヶ月ほど経った頃、彼が転勤で沖縄に行くことが決まりました。それから彼が「半年くらい同棲してから、結婚決めたいな」と言い出したのです。すごくモヤモヤしました。私は再上京してやっと仕事を見つけて一人暮らしを始めやっと慣れてきた頃だったからです。結婚という保証もなく、せっかく決まった家も仕事も手放して沖縄で同棲はさすがにリスクが大きすぎます。結婚したいとは思っていましたが、さすがにこの状況でそこまでできる勇気はありませんでした。ということでいろいろ迷ったままだったのですが、やたらと彼が両親に私を紹介したがるので、とりあえずご挨拶だけすることになりました。

    その後、二人で会った時に私は正直に伝えました。今はせっかく見つけた家と仕事を捨ててまで同棲はできない、と。遠距離にはなるけど、たまに行き来して付き合っていけばいいのではないか、と。そしたらしばらくの沈黙後、彼からよく分からない返答が返ってきたのです。

 

「いや、いいよ」

…はい?

「うちの母親にも同じこと言われたんだよね。沖縄に連れて行くなら同棲じゃなくて、結婚するべきだって。だから結婚しよう。」

…え、なんだそれ?

 

   と思ったのですが、なんと私、こんなんで結婚に踏み切りました。この時点で彼に会ったのはまだ数回ぐらい。なぜこんなことで踏み切れたかと言うと、転勤先が「沖縄」だったからです。私は沖縄が好きで、いつか沖縄に住んでみたいなとずっと思っていたのです。その願いも同時に叶うならこの機会ってかなりラッキーなのでは!?と浮かれてしまったのです。

 私の結婚は、「義母のアドバイス」と「沖縄」によって決まったも同然です。そんな勢いとノリと結婚を決めたようなものです。気付いたらなんかそんな流れになっていたから乗ってみたのです。

 

    しかし、メンタルが弱い私なのでこんなテンションが続くはずもありませんでした。マリッジブルーです。この頃まだ付き合って3ヶ月とかです。相手のことはまだまだ分かりません。流れに身を任せていましたが、冷静になった時にすごく不安になりました。モラハラぽかった元彼のことを思い出して、彼も実はそんな人だったらどうしようとか考えて、何気ない一言や態度に過剰に反応して疑ったりして、勝手にどんどん不安を溜め込みました。ネガティブな私、不安を溜め込む力に関してはプロ級です。体重減少➡️心療内科を受診、という過去何度か繰り返したパターンをまたやってしまったのでした。

    しかし、私はもともとネガティブな性格だと自負していたので、マリッジブルーになったときは、やっぱりこうなるかと思って半分諦めていました。そして早くこの微妙な結婚準備期間を終えてさっさと結婚したい、と思いました。結婚することはおめでたいし嬉しいことだけど、同じくらいストレスも溜め込んで疲れました。

   そして婚姻届を提出して今に至ります。出会ってから結婚するまで1年もかかっていません。いろいろあったけど、本当になかなか短い道のりだな。

 そして結婚4年目の今、振り返ると自分はなかなか無茶苦茶なことをしたなと思います。