雨は止んでもまた降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

私の下肢静脈瘤について(2)手術編

   ついに長年悩みの種だった下肢静脈瘤の手術をしてきました。私の症状はふくらはぎなので主にひざ下の施術になります。

 

 

患者にとって一番の山場は麻酔

   最初に結論を言うと、下肢静脈瘤の手術で一番大変だったことは、

「いかにして麻酔の痛みに耐えるか」

   でした。これは完全に予想外でした。全身麻酔で意識がない、もしくは朦朧とさせて手術する方法もあります。これならきっと余裕なのですが、手術方法や箇所、病院の方針などによって麻酔の方法は違うみたいですね。私の手術では意識のある状態での麻酔だったのですが、もう、局所麻酔を打つのための麻酔が欲しいくらい痛かったのです。

 

 まず、私の術式ですが、高周波血管内焼灼術」といって、静脈にカテーテルを通し高周波を照射し静脈を閉鎖させるというものになります。(先生の口頭説明では「約120度の熱で血管を焼いていく」という感じでした。)

 そしてもう一つの術式、左脚だけなのですが、皮膚の表面にボコボコと浮き出ている血管に関しては1〜2mmの切開を加えて切除する「表在静脈瘤切除術」というものになります。

 

 私の手術箇所はふくらはぎなので、うつ伏せ状態でベッドに横たわります。なので意識はありますが、どんな施術をしているかは見えない状態です。(そりゃきっと見えない方がいいですよね。)なので医師や看護師が時々「これから〜しますね。」と説明を受けながら手術を進めていきます。

 

   まずはペンやストローでふくらはぎに印をつけていきます。切開する場所や血管の位置の確認かと思います。その後は消毒。ふくらはぎ全体だと範囲が広いのでスプレーでシュッシュとしていきます。そしていよいよ麻酔。

 

 まずは

「これから麻酔しますね。チクっとしますよ。」

 これだけならいいんですけどね。これ以降「チクっとします、チクっとします...」連呼です。ふくらはぎの下の方から上に向って何度かチクチク。何ヶ所も刺されます。頭の中では「痛っ、痛っ、痛っ」の連呼です。でもこれはまだ序盤。

 

 次は、

「これから一箇所グッと押しますので、痛くなりますね。」

   ...ていうかグッと押しますって何?うつ伏せ状態でのこのアバウトな説明は不安しかない。かと言って施術の様子見たいかと言われればそれも違う。そう、これでいいんです。なんて考えているうちに、ふくらはぎに「グッ」ときました。感覚ですが、血管にカテーテル通すために何か押し込んだんです、きっと。頭の中の声「痛いぃぃぃ....」

 

  さらに、

「血管の周りに麻酔していきますね。頑張りましょうね。」

はーいとか余裕なふりして返事したけどちょっともうくじけそう。それより、血管の周りに麻酔って全然よくわからないです。だって今まで散々これでもかってくらいチクチク麻酔してきたじゃないの。そしてうつ伏せ状態のままで聞こえてきたのがウィ〜ンウィ〜ンという機械音。どんな仕組みかわからないのですが、その機械を脚にあてていきます。頭の中の声「ううぅぁぁぁぁああ....」

 

 これでやっとメインの施術に入ります。ここまで痛かった麻酔の甲斐あってもはや施術時間は次の片足に備えた休息タイムです。120度の照射も、切開もへっちゃらです。そしてこれ、麻酔より圧倒的に早く終わります。そして、すぐ片方の足へ先ほどの麻酔を繰り返します。

 

   痛みの程度って言葉にすると伝わりづらいですが、あえて言葉にするとどれだけ痛いかというと、歯を食いしばってしかめっ面で目をつぶって歯を食いしばっちゃうくらい。手に汗握るくらいです。...とにかく痛いんです。けっこう耐えました。

 

だから術後看護師さんに言われましたよ。

「我慢強いですね。痛くて騒ぐ人もいるんですよ。」

  

   わかる、わかるよ。騒ぎたくなる気持ちがわかる痛さでした。と、散々脅しましたが、隣の部屋にいた80代のおじいちゃんも無言で耐えていたのできっと大丈夫です。今後のQOLのことを考えれば耐えられます。今後手術を受けられる方も、予想外に痛むよりも、痛いのを知っていたほうが心の準備もできて心強いはずです。

 

術後の過ごし方も手術と同じくらい大事!

    術後はふくらはぎは包帯ぐるぐる巻き、さらに弾性ストッキングを履かされ、終了です。多少歩きにくかったですがその後痛みなどもほぼなく、翌日の術後チェックも異常無し。とりあえず手術はこれで無事終了。

 ですが、下肢静脈瘤は術後の過ごし方が非常に大事になります。1か月間の弾性ストッキング着用、頑張ります。手術の効果を最大限生かすためにはこれが一番ポイントです。そろそろ暑い季節ですが、サンダルも足を出すのも我慢。お出かけはロングスカートorパンツ+スニーカーのみですが、きっと夏本番には足出してもOKになると思うのでそれを楽しみに過ごします。足の状態や、だるさやむくみがどう変化したかの経過はまたストッキングが取れた頃に報告できたらと思います⭐️