雨は止んでもまた降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

【久高島】神の島、猫の島、レンタル自転車2時間旅♪

 天気の良い日を狙って夫と久高島に行ってきました。沖縄南部の東海岸、安座間港から船で15分と便利なアクセスで、かつちゃちゃっと短時間で見て周れるコンパクトな島です。私も、安座間港(本島)10:00発のフェリーで出発、徳仁港(久高)13:00発の便で帰ってきました。運行時間15分、レンタル自転車の貸出手続き、帰りの船待ち時間を抜けば、実質観光時間は2時間です。さて、これでどんな感じの旅ができるでしょうか。写真を交えて紹介します。

 

 港に着いたら自転車をレンタルします。港からすぐ近くに3店舗あると思います。船から降りた人達に着いていけばたどり辿り着きます。(テキトー)そして、いよいよ出発です。もう早速最北端まで一気に向かいます。

f:id:escapismphoto:20170501143549j:plain

 と思ったら第一島猫発見。さすが猫の島です。とはいえ首輪をしてるので飼い猫ちゃんですね。猫が白くなりすぎて写ってしまったのはなぜでしょう。

 

 気を取り直して、最北端まで自転車漕いで行きます。静かで近くの海岸の波の音だけが聞こえるあぜ道です。うりずん(春から梅雨までの時期を沖縄ではこう言います。)のこの快適な季節のサイクリングは風が気持ちよくて最高です。沖縄に住んでいるとはいえ、コンクリートジャングルの那覇では味わえなこの離島の静かで穏やかな感じ、やっぱりいいです。

 

f:id:escapismphoto:20170501143935j:plain

 そして久高島最北端、カベール岬に到着。岩場になっていますが、足元に気をつけて少しお散歩します。この日はまだ穏やかですが、崖に打ち付ける波は少し迫力があります。

f:id:escapismphoto:20170501144105j:plain

 ちょっと上から覗いてみると、水面がキラキラしています。この日は透明度もなかなかいいです。

 

 そして次は来た道を少し戻ったら、島の北西側へ出る道、ロマンスロードへ!ロマンスロードはコンクリートで舗装された道になります。あぜ道のサイクリングで若干お尻が痛くなった私もひと安心。

f:id:escapismphoto:20170501144234j:plain

 じゃーん!綺麗です。久高島には南東側にもいくつかビーチがありますが、北西側の海が綺麗です。

 

f:id:escapismphoto:20170501144421j:plain

 ブログ用に夫に撮ってもらった後ろ姿の黄昏風写真。でもよく考えたらいらないですね。海の写真だけでいいですよね。でもまあ、こんな感じで写真撮影を楽しんだよっていう雰囲気出してみました。

 

 そして次は集落へ戻ります。猫を撮りたくて、猫探しへ向かいます。

f:id:escapismphoto:20170501144541j:plain

 と、その前にまた寄り道。漁港を発見したのです。無類の漁港好きの夫に強制的に連れて行かれ乗り気のしない私でしたが、なんと漁港の横にこんなに綺麗なビーチを発見しました。行ってよかった。

 

 さて、猫探しに戻り集落をウロウロ...。しかし、見つからない。お昼で活動時間じゃないからかな...暑いからみんな隠れているのかな...。

「猫ってさ、探すものじゃなくて出会うものなんだよきっと。」

 と、猫が見つからない焦りから謎の悟りをつぶやく私。夫もその通り!とか言って適当に返事をしたその時...

f:id:escapismphoto:20170501144717j:plain

  出会った!猫に出会ったよ!悟りを開いた瞬間に猫に出会うとはさすが神の島!(違う。神の島と言われるのにはもっと荘厳な意味合いがあります、すみません。)ちなみに、この猫、カメラ目線で前足ではしっかりとヤモリをキープしています。食べるのかと思ってハラハラしていたのですが、遊んでいるだけでした。

f:id:escapismphoto:20170501144824j:plain

 そしてこちら、飲食店の出入り口の前で堂々と居眠りをする子。随分と人慣れしていそうです。

f:id:escapismphoto:20170501144933j:plain

 そして看板の下でゴロンとしていた茶トラさん。カメラ目線いただきました。かわいい。

 

 こんな感じで2時間、サイクリングも、海も、猫も、束の間でしたが楽しめました。気軽な日帰り久高島旅おすすめです。離島の雰囲気は、本島とは全然違います⭐️