雨は止んでもまた降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

夫に誘われた憂鬱なBBQの誘いを泣いて断ったポンコツ妻な私

 暖かい季節になってきました。沖縄では休みになるとたくさんの人が海辺でBBQをしています。みんな楽しそう、羨ましいなぁなんて思いつつ、実は憂鬱な人もいるのかななんて考えながらその様子を眺めています。

    BBQに限らずですが、社会人の方、奥様方、休日にも関わらず一度は職場、または夫の職場の付き合いでなんらかの集会に誘われたことがあるのではないでしょうか。そして、実はそれがすごく憂鬱だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。はい、私もそうです。

 

 

 それでも今まで何度か夫の職場のお付き合いBBQなどに参加してきた私。最近もまた誘われたのですが、今回はタイトル通りのポンコツぶりを発揮しました。なんというか、自分の中で限界だったみたいです。

 

   お付き合いBBQでは毎回作り笑顔で顔が引きつる上に、内心は泣きたいのと逃げ出しそうになる衝動をこらえるので精一杯でした。

   私以外皆さんお子様連れで来ていて、しかもみんなママ友同士でもう仲が出来上がっている中、私一人子供いないとかいう状況に連れて来られたこともありました。(そもそも夫はなんでこんな集会に私を連れて来たんだ...)私以外の奥様方はみんな仲良し、私はというと時間が経てばぽつん…です。大人ですら接し方が分からないのに、子供にすら人見知り全開な私。皆さん子供をあやし始めたりなんかしたら私どうすればいいのかわからず手持ち無沙汰な時間を過ごします。その間、なんとか逃げ出さず泣き出さず耐え抜くように気持ちを維持するだけで精一杯。

    それから、別のBBQでは準備のお手伝いをしようと勇気を出して申し出たことがあったのですが、「いいよいいよ~大丈夫、座ってて。」と言われ空回りしてしまったこともあります。いや、むしろ何かやらせてください。じゃないと時間が潰せないんです、間が持たないんです。夫がフォローしてくれると言っていたのに思ったより一緒にいてくれないし、大勢の初対面でまともに会話ができない私はまたぼっち。また手持ち無沙汰な時間を過ごします。そしてまた、泣き出したい、逃げ出したい、その衝動を抑えることで精一杯になります。たまにぼっちの私を見かねて優しい方が話しかけて下さるのですが、心が折れかけていて頭が回らず、うまく言葉が返せなかったりぎこちなくなったりして、せっかくの機会をダメにしてしまう始末です。そしてやっと地獄の一日が終わったと思えば、あとで夫の上司が私の悪口を言っていたというのを耳にしてしまい超絶凹みました。その上司はかなり嫌われているので気にすることはないと言われたのですが、それでも人からストレートに悪口を聞くのは人生で初めてだったので、本当にショックでした。(そもそもなんで私の悪口言っていことを伝えるんだよ夫...)

  

 それらの経験が思いの外トラウマになったのかは自分でもよくわかりません。今年も仕方なく夫のためにバーベキューに行くしかない、1日の我慢だと思って耐えようと思っていました。それに今年はその嫌われ上司はいないとのことだし。が、しかし、ふとしたときにひどい精神不安に襲われたのです。それは、毎週読んでいる経済雑誌を買ったときでした。「あと2週間でバーベキューか。それまでに死ぬんだから今更知識つけても意味ないよなぁ」と思ったのです。そう、その時私は死んだらBBQ行かなくていいんだ、じゃあ死ねばいいじゃん!冗談じゃなくて、そのときは本気でそう考えていたのです。もう本当に嫌すぎて、吐きそうなまま2週間を過ごすのもしんどいなと思って。「私今まで何回同じような感じ味わってきた?また2週間何も手につかない不毛な時間を繰り返すの?もう人生ずっとこんなじゃん。もういいわ疲れた。」そう自分の心の中でつぶやくと、自然と涙が溢れ出てきました。我慢できなくて、本屋を出ると街中を泣きながら歩くという有様。その後予定があったのですがとても行くような気分になれずキャンセルし、帰宅しました。

 

 BBQ行きたくないから死ぬってなんだそりゃ。と、思うでしょう?でも自分の心がコントロールできないんです。幼稚園児か?いいえ、三十路です。

 

   その日は帰宅するとたまたま夫が早く帰って来て家にいたのでそのまま「バーベキューは行かない~行くなら死ぬ~」と泣き喚きました。そして優しい夫は私を宥めながら、BBQ行かなくていいよと言いました。(言わせてしまいました。)もう一度言います、私三十路です。

 

 大勢が苦手なんですけど、それにプラスして特にダメなのが「夫の知り合い」とか「友達の夫」とか「友達の友達」とか自分につながりがある人の関係者というもの。その人がどんなにいい人であろうと、関係なしです。どう振る舞ったらいいのかわからなくて空回りしたり、話に入れなくなったりします。それが大勢になるともう恐怖。人が怖い、怖くて仕方がないという対人恐怖に近い感覚になります。もともと人見知りではあるのですが、これでも年齢を経てまだマシになったほうなんです。でもこういう特定の条件になるとやっぱりダメだ...情けないです。

   自分のメンタルが人よりかなり弱いことは自覚しています。最近は自分はこういう人間だからできないことはできないと言える人間になりたい気持ちと、普通の人みたいに振る舞えるようになりたい気持ちとがせめぎ合っています。もう自分と付き合って三十年、さすがに自分のキャパとか、限界とか、苦手なこととか理解しています。だから無理をする必要はないだろうという気持ちと、本当にこれは仕方のないことなのかと判断して諦めていいのか…正解不正解は分かりません。今回は潔く行かないと言って気持ちがスッキリと安心したのも事実。心療内科の先生にもこのことを話したら、断れてよかったねと言われてホッとした自分もいます。でもこれでよかったのかと思う気持ちももちろんあります。だって妻としては終わっています。幸いなことに、私のメンタルがとても弱いことに関して夫は理解はしてないでしょうが、寛容ではあります。それに甘えてしまっているわけなのですが、その度に申し訳なくて消えたくなります。側にいるのが私じゃなければ...と考えることもしばしば。

 

 と、同時に、夫はなんでどこにでも私を連れて行きたがる?と思うのです。いや、かといって連れて行きたがられない妻よりはいいのかもしれないのですが...

 

    きっとこういう集会苦手な方も結構いるのだとは思うのですが、皆さんどうやって気持ちに折り合いをつけているのでしょう。なんで私はバーベキュー行く行かないで死にたくなってしまうほど落ちてしまうのでしょう。嫌でも割り切って夫のために行くと決める、どうしてそれができないのでしょう。苦手でもなんとか人付き合いをこなす方、すごく尊敬します。

 

   とりあえず今はQOL向上計画中なので、そこだけはあまり考えず前向きに取り組もうと思います。こういう対人関係に関する考え方を改善することにもつながるように、心療内科にも通っているわけだし。もう人生いっぱいいっぱいだっていつも思っているけど、気がついたらまたなんか抗おうとしています。私はまだ諦めないみたいです。