雨は止んでも、また降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

体に異常はないのに、体力がなさすぎて困った

 果たしてこのタイトルに共感してくれる方はいるだろうか...!?多くはないだろうと思いますが、あえて書きたい。私にとっては小学生の頃からの深刻かつ切実な悩みなのです。30歳になった今も何ら解決しないこの問題。もう何もしなくても加齢で体力落ちてくる年齢なのですが一体どうしましょう。これ以上体力落ちたら何もできなくなっちゃうよー!QOL向上計画中の私、もし誰か奇跡的に同じような方がいてこの問題を克服した方がいたらアドバイスをください(;_;)今回はとりあえず体力がなさすぎてポンコツな私を学生時代から振り返ってみます。

 

 私だけなんか違う...!?異常に気付いた小学生時代

 体力が異常にないなと初めて感じたのは小学生の頃でした。体育の授業についていけない。周りと同じことをやっても疲れ方が周りの人と明らかに違う...一体この体力のなさは何だろうかと思い病院で検査をすることになりました。

   あまりに昔なことなので詳細は覚えていないのですが、心電図をとりながらランニングマシンを歩いたり走ったりして変化を見ていくような検査でした。結果、異常なし。ということで何の言い訳もできないので、小学生の体育は気合で乗り切ったのでした。

 

 迷惑かけてまで走るの辛い...避けられない地獄の行事「2km走」中学生時代

 一応心臓には異常がないので、中学生になってからも体育の授業は基本的に気合で乗り切りました。授業の最初の方にあるランニングとか、周りの人は涼しい顔していたけれど私はもう毎回本気で走ってます。アップとかじゃない。

 そうやってなんとかこなしていた体育の授業なのですが、私の中学校には毎年2kmを走るという授業が4回あるのです。これはもう地獄でした。まずその2kmのタイムを測る前に、走るんですよね。またアップというやつ。それがもう私にとってはアップじゃないんです。これから2km走るっていうのに最初に疲れさせるのやめてくれよと。この2km走の授業、やっぱり体力のない人や体重の重い人にとってはみんなしんどいみたいで欠席だったり、保健室だったりっていう人もいたのです。でも私は陰口を言われたり色々と思われるのが嫌で、絶対一度も欠席しないで4回走るって覚悟決めて授業に参加したのです。

 もちろんだいたいビリですよ。というかこの2kmを継続して走れたことが一度もないです。必ず徒歩を挟みつつ走ります。調子が良いときは後ろから2番目です。しかし、調子の悪いときはなんと、ゴールが授業終わりのチャイムに間に合わないのです。皆とっくに走り終えて、早く水飲んだり、次の授業に備えたりしたいだろうに、私がゴールしない限りは終われない。「がんばれ〜」とか言ってくれるんですけどね、もう辛い、恥ずかしい、ごめんなさい。挙句の果てにゴールの後しばらく立ち上がれなくて、皆に支えながら水飲み場まで連れて行かれる羽目に。

 そうして苦しく恥ずかしい思いをしながらも4回やりきった私。無事終わり〜もう思い出したくもないわ!と思っていたのですが、忘れもしない中学3年生の卒業前の最後の体育の授業のことでした。最後に皆集合させられ先生が話し始めたのです。そう、思い出したくもない私の地獄の2km走のことについて。どういう内容かというと、できなくても毎回欠席することなく最後まで走り切る私の姿がよかったと、こういう奴がいるから周りの人にも頑張ろうという気持ちが生まれると。...きっとね、先生は決して悪い意味で言ってないと思うのです。でもね、また皆の前で私は恥ずかしい思いをさせられたと思いました。美談にしないでくれ!勝手に熱くならないでくれ!まあ、体育教師に毎回ビリでゴールして休み時間まではみ出してしまう人の気持ちはわかるまい...。

 

 体育の授業が辛すぎて退学まで考えた高校生時代

 高校時代の体育の先生、本当最悪でした。スパルタな上に、自分の気分次第で怒ったりする恐ろしい教師...。皆に遅れて走っていたりすると、やる気がないと怒鳴る。そういうわけじゃないのに。ビビりな私は怒られるのが怖くて怖くてなんとか皆についていけるように毎回必死でした。授業の終わりは足も腕もガクガク、次の授業では字がうまく書けなくなって非常に汚いノートに仕上がっていました。

 高校1年生の帰り道、一人で自転車で家に帰る途中、毎回泣いていました。もう体育が辛い、学校やめたい。まさか自分が高校中退の人生を歩むなんて...と本気で思いながら。結構深刻に考えていました。

 が、私は楽観的かつ不真面目な友達のおかげで救われたのでした。私はすごく小心者で先生にビビっていたのですが、友達は全然そんなことなかった。あいつウザいよね〜みたいなノリだったのです。結果、その悪友(?)のおかげで自然にうまくサボれる術を見習い、なんとか体育の授業を乗り切ることができるようになったのです。(悪友って言ってごめん、今も大切な友達です。)こうして無事に高校を卒業することができました。

 

 大学生は天国。体育の授業は1年生の時だけありましたが、もうお遊びみたいなもので、楽しかったです。18歳、生まれて初めて体育の授業が楽しいと思えたのでした。そして2年生からはもう体育なんてしなくていいい!やったー!

 が、甘かった。もっと若いうちから体力の大切さを認識すべきでした...。社会人になり、また自分の体力のなさにより壁にぶち当たったのでした。

 フルタイム、残業なしの事務仕事でもしんどい

 たぶん、社会人になり精神的疲れも加わったことも大きいと思うのですが、一日座っている事務の仕事でも体力がギリギリでした。7、8時間寝てもダメ、栄養ドリンクに依存していましたが全然改善しない。仕事終わって疲れた〜と言いながら飲みに行く人とか意味不明です。全然疲れてないじゃん?私はそれこそ欠席できない飲み会に参加した日なんてもう帰ったらら疲れ果てて泣いていました。泣いてまた疲れてボロボロです。

 何がそんなにしんどいってとにかくだるい。朝から晩まで体がだるい。家帰っても何もできない。食べるのも、お風呂入るのもしんどい。これが原因で大好きだった習い事も辞める羽目に...泣 仕事後に何かするのが辛すぎて無理でした。自炊する元気がないのもダメでしたね。栄養とれないと悪循環です。金曜日なんて気が抜けるからか、帰って即効ベッドで横になったらそのまま目覚めません。金曜日は化粧を落とせないことの方が多いくらいでした。土日はどちらか一日は休息のために使います。そして一応体のだるさは改善するのですが、長いスパンで見ると疲れは蓄積される一方だったようで、そのうち謎の体調不良が続出、心身ともに病んで退職してしまいました。

 そんな感じだったので社会人になってからはバセドウ病を疑われ検査すること2回。異常なし...。

 

 体力がなさすぎる人が無理なく体力をつける方法を誰か教えて...  

 社会人の頃はもはや体力をつけるための体力が残っていなかったので、専業主婦になってからは時間もあるので一時期はスポーツジムに通っていました。そこで気づいたのは、心拍数がやたら高い。運動を始める前に血圧&心拍数を測っていたのですが、何もしてないのに100超えてることもしばしば。(最近心療内科でも指摘されたのですがなぜこんなに脈が早いのでしょう...)そしてトレーニング開始はまずランニングマシンで歩くところからです。慣れたら、徐々に速度を上げていきます。グリップを握ると心拍数を出してくれるのを使っていたのですが、ちょっと走り出したら十数秒、即効警告音が鳴る。警告音が鳴るのって、心拍数180だっけ?200だっけ?近いってことでしょう?6.5km/hの速度ですよ、これより遅いともう早歩きです。

 ということでまず歩くところからかなと。歩くのは結構大丈夫で、調子がいいと散歩で1万歩もだったりいけるんですけどね。そしてしばらく経った頃、走ってみるかと思うと途端に心拍数がバイーン!

 

 そんな感じでなかなか体力作りが上手くいかない私です。きっともっともっと地道にいくしかないのでしょうね。今日はたくさん愚痴書いてスッキリしたので、文句言わずまた歩くところから始めます。下肢静脈瘤の手術もしたことだし、足の重さや負荷は減っているはずなのでちょっと期待です。30歳だけど、年齢に負けるな私!

 夫は日頃から走れる人で、私とは正反対なのですが、いつか夫と一緒に走れるようになるのが目標です⭐️