雨は止んでも、また降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

私の下肢静脈瘤について(3)術後1ヶ月ストッキング生活からの脱却編

 やっと解放されました。予想以上の痛みに挫けそうになった下肢静脈瘤の手術から1ヶ月、やっと脚が出せます~!!この1ヶ月、外出はロングスカートオンリーでした。

 

    術後1ヶ月は弾性ストッキングを履かなければならないのですが、私はそれでもまぁ痣さえなくなればOL風の格好をして膝丈スカートぐらいは履けるかなと思っていたのです。が、甘かった!何が甘いって医療用の弾性ストッキングがそこらへんに売ってるストッキングと同じように綺麗に見えることを第一優先に作るわけがないということです。実物見てこりゃ脚出すの無理だと悟りました。

   目が粗い、分厚い、テカる。こんなの30歳の私が履いてたら浮きまくります。いくらOL風の格好をしても脚だけなんか年配ぽいのね。ということで諦めて全日ロングスカートを耐え抜きました。そしてこのストッキング、暑い日は蒸れて嫌になる。セパレートの太ももまでのストッキングなのですが、ずり落ち防止のために、裾部分がシリコンになっているのです。肌荒れ防止のためにシリコン部分にはガーゼを巻いてるんですけど通気性最悪だし、たまに異常に足がかゆくなる…などなど地味に辛い日々を乗り越えました。

   ということで、これから下肢静脈瘤の手術を考える方、本当に冬場に実行されることをおすすめします!

 

   そして、肝心の足の調子ですが、リンパの影響は今までと何ら変わりないので浮腫はするのですが、明らかに脚の疲れ方が以前と違います。特に夕方や夜に実感。脚が軽いので、以前より歩く走るなどの運動が捗りそうな感じがします。

 

   そして、左脚にあったボコボコと皮膚の表面にできていた血管の跡も気にならなくなりました!若い人にとっては見た目の問題これかなり重要ですよね。まだ完全に跡は消えないのですが。

 さてっこれから本格的に運動開始です!沖縄の夏に負けない身体づくりの準備完了!