雨は止んでも、また降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

私の下肢静脈瘤について(5)術後の総評

 ふくらはぎと膝裏の下肢静脈瘤の手術を終え、術後3か月の診察を最後に今回の施術工程をすべて終えました。ということで、治療の効果、感想など、いろいろな観点から振り返ってみたいと思います!これから下肢静脈瘤の手術を考えている方の参考になればいいかなと思います。

 

手術後の満足度についてレビュー

 

(疲労感の改善度ー★★★★☆)

 かなり改善したかなと思います。正直、見違えるほど足が軽くなったという感覚はありません。ただ、たくさん歩いた日、移動の多い日に変化を感じます。以前は足が重だるいという感覚があったのですが、今は夕方や夜になっても足の疲れが気になりません。

 

(むくみの改善度ー★☆☆☆☆)

 術後も普通にむくみます。ちょっと足が細くなるかなと期待していたのですが、私の場合はむくみについては完全にリンパ由来なようで...。残念ながら効果はあまり感じられませんでした。

 

(美容面の満足度ー★★★★☆)

 左脚の膝裏に凸凹とミミズのように血管が浮き出ていたのですが、消えました。少し残ってしまった部分もあるのですがほぼ気にならなくなりました。スカートも気にせずに履けます。

 術後の傷跡は消えるまでにかなり時間がかかる(半年以上!?)ようで、今も残っているのですが、''点''として薄いほくろのように見えるだけなので気になりません。

 

 脚が疲れにくくなったこと、膝裏の血管の凸凹が気にならなくなったことでQOLは上がったと言えます。しかし、むくみについては改善しなかったので残念でした。費用は両ふくらはぎカテーテル+片脚膝裏の血管抜去、ストッキング代、事前の血液検査、術後の診察などすべて含めて11万円前後(保険適用)でした。費用対効果はどうかというと、’’そこそこ満足’’という感じです。

 

これから下肢静脈瘤の手術を考えいる方へのアドバイス

*事前に、手術の目的を明確にする

 下肢静脈瘤というと脚のむくみ、重だるさという身体的症状はもちろんですが、表在血管が浮き出て美容面で気になる点があります。自分は下肢静脈瘤のどの症状の改善を一番の目的にしているかということを明確にして病院を選ぶことをお勧めします。

 下肢静脈瘤には幾つかの手術方法があり、その費用も違ってきます。例えば表在血管の見た目だけが気になるというのなら美容目的なので、美容系のクリニックでの施術がいいのかもしれません。むくみは血管だけでなくリンパも関係あるので総合病院で診てもらうのがいいかもしれません。事後の満足度を上げるためにも、自分の目的を明確にし、事前に手術やその効果にについて知識を持っておき、余裕があれば2つ以上の病院で手術の方針や見積もりを比較検討することをお勧めします。

 

*手術を受ける時期はよく考え、早めに検討する

 今や下肢静脈瘤の手術はほとんど日帰りで終えられ、すぐに日常生活に戻れると謳われていますが、手術前後の過程には時間がかかったり、面倒なこともあるので事前に覚悟しておきましょう

 まず、手術が決まれば血液検査をします。血液検査は結果が出るまで時間がかかります。またホルモン剤(ピル等)を服用している方は手術前後1か月は休薬しなければなりません。人気の高いクリニックでは手術予約までに1か月以上を要することもあります。また術後2〜3週間は、広範囲に渡って痣が残ることがあります。さらに術後1か月間は弾性ストッキングの着用が義務付けられます。夏場にその時期が重なると暑さや蒸れの不快感は避けられません。そのことを踏まえた上で、計画的に手術時期を決められるようにすることをお勧めします。

 

 以上、総評でした。こうすればよかったな〜と後で気づいたことも含んでいます。これから下肢静脈瘤の手術を受けらる方が、きちんと望んだ効果を得られ、手術に満足できるようにと思って書きました⭐️

f:id:escapismphoto:20170905163207j:plain