雨は止んでも、また降ってくる

アラサー女の思いごと、いろいろ

自分の結婚式が楽しみじゃなかった

 私は自分の結婚式にあまり気乗りしないタイプでした。

 結婚願望はあったのですが、結婚式やドレスにはあまり憧れがありませんでした。披露宴に関しては、想像しただけで恥ずかしくて憂鬱になるレベルでした。しかし、結婚式をどうするかというのは私の一存のみで決めることはできません。自分がやりたくないからやらない、というわけにもいかず、最終的には挙式+食事会(親族のみ)の結婚式となりました。

 今回の記事ではあまり乗り気じゃなかった私の結婚式の計画・準備から当日までを振り返ってみようと思います。

 

スムーズだった結婚式の計画と準備

 気乗りしないのになぜ結婚式を挙げたかというと、一番の理由は夫の希望です。家族や親戚向けにそうしたほうがいいと言うし、私もその方がいいのかなと思い了承しました。親族の他に、友人を招くことも検討しましたが、皆遠方に住んでいるということ、その上花嫁である私が乗り気じゃない結婚式に呼ぶのは申し訳ないということで、却下となりました。

 結婚式をすることが決まってからちょっと驚いたのが、夫に「ゼ●シィでも買ったら?」と言われたことです。男性側からゼ●シィの購入を提案されるなんてなかなかレアな体験な気がします私の結婚式に対するモチベーションの低さが伝わっていたのかもしれません。結局、ゼ●シィは必要がないと判断して買いませんでした。

 しかし、それでもやると決めてしまえば準備は意外にスムーズに進みました。親族のみで、披露宴もなければ決めなければいけないことも少ないです。そして、良くも悪くも結婚式に対するこだわりがなかったので、夫婦で衝突が起こるような要素もありませんでした。とにかく事務的に事を進めました。結婚式を挙げたいと言った夫は激務なので何もしませんでしたがそれも想定通りです。

 そんな私の式場選びは下見0件。昔泊まったホテルの式場が印象的だったなと思い出し、そこにしようと即決です。

 ウェディングドレスは2着のみの試着で決定。アクセサリーなどの小物類もほぼ迷うことなくポンポンと選びました。

 

それでも募る不安と申し訳なさ... 

 実は「結婚式に行きたい」と言ってくれる友達もいました。それでも渋る私に、「いいんだよ、結婚式はみんなに会える同窓会みたいな機会なんだし。」という言葉までかけてくれたのですが、私はそれだけで十分でした。やっぱり自分がやる気のない結婚式に呼ぶのは申し訳ないし、プレッシャーでした。何ならもう親族に集まってもらうことすらも申し訳ないと思っていたし...。

 こんな私の気持ちとは裏腹に、義母がブーケを手作りしてくれると申し出てくれました。素直に嬉しかったのですが、同時に申し訳なさでいっぱいになりました。

 そして、結婚式当日が近づくたびに罪悪感が膨らんできましたもともと大事な予定の日が近づくと体調を崩すタイプなのですが、そこに両家の親族が私たちのために集まってくれるというプレッシャー、ブーケを手作りしてもらえて嬉しいのに、それでも溢れ出る義務感。花嫁なのに楽しみだと思えない自分がダメだと思っていました。そして、とにかく親族に対して申し訳なかったです。

 

 

そのまま迎えた結婚式当日 

   そして迎えた結婚式当日。式場のあるホテルに前日から宿泊していたのですが、朝食はほとんど喉を通らず。おまけにお腹が痛い、気持ち悪い。部屋に戻るとついにお腹を下したのでした。ヘアメイクの時間まであと30分というときの出来事でした。ここで、私の何かが決壊、夫に抱きついてわんわん泣き出しました。そんな私をひたすらなだめる夫。まさかの式直前にメンタル崩壊です。

 しかし、いつまでも泣いていられません。わざわざ集まってもらった親族のためにも、なんとか結婚式を成功させることが一番大切なこと。義務感でもいいから、それを果たすことが私に求められること。と、なんとか気持ち切り替え、冷静を装いヘアメイクルームへ向かいました。不思議なことに、あれだけ調子の悪かった胃腸もこの時だけは頑張ってくれました。ドレスに着替えると背筋も伸びました。

 そして、なんだかんだ言って夫とふたりでバージンロードを歩き出すと感動なのか安心なのか不覚にも泣きそうになってました。

 

多分、楽しみじゃない人は結構いる

「本当はやりたくないけど結婚式やらなきゃいけなくなった」というのもそうですが「最初は楽しみだったけど、準備段階で揉め事があって不安の方が大きくなってきた」「緊張が大きくなってきた」という方も含めると結構少なくないはずです。ここまで記事を読んでくれた方の中にはちょうど今、結婚式に不安を抱いている方もいるのではないかと思います。月並みなことしか言えませんが、きっと大丈夫。結婚式が楽しみだと思えなくても、義務感だととしても、何も悪いこともないです。考えすぎずにいきましょう。無事に終わればきっといい思い出になるはず。f:id:escapismphoto:20170722134200j:plain