雨は止んでも、また降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

秋のリップ探しの旅ー私が求めるボルドーと流行のボルドーは違うんだ!ー

   自分に似合うリップ探しの旅…それは美容部員との気まずさとの戦いでもある。もう鏡を見るのが怖い。それでも恐る恐る覗き込む。そしてまたこう思う「なんか違う…」「いや、もはや明らかに違う!」そして繰り返されるウソの言葉「ちょっと考えてまた来ますね。」ほんとは考えないし、もう行く気ないのに。あぁ…心が傷む。ごめん、それもウソ。もう慣れました。

 

   だがしかし、那覇空港のDFSで「ちょっと考えてまた来ますね。」は通用しない。だって飛行機乗らなきゃ買い物できないんだから。差し迫る出発時刻を気にしながら、ディオール、ゲラン、ランコム、シャネル…数々のブランドのルージュとグロスを探し、塗ってもらう。だがしかし…どれも見事にしっくりこないんだなこれが。そして、「こんなにたくさん試したのにすみません」と言って搭乗口へと向かった私なのでした。美容部員さんは「いいえ、いいんですよ」と言ってくれたけど、内心は知っているさ。でも、もうそんなの気にしない。"試したら買わなきゃいけない感"なんてものに振り回されているようではいけないのです。ここは図々しく行くのだ!!

   そしてもう唇が荒れて限界を迎えた頃、行き着いたのは地元近くのコスメキッチン。もう、ここで最後にしよう。そう決めた私に、ピン!とくる色が。だがしかし、まだ喜ぶのは早い。実際に唇に乗せたらなんか違ってた、幾度となく繰り返したデジャヴです。そう、だから今回も期待はしない。そして最後のお試し。そしてそれは、もう塗った瞬間に来ました。ピーーーンと!やっと来たか、私の唇の色に負けずに、理想のボルドーを実現してくれる商品。しかもコスメキッチンに置かれているものは大抵低刺激です。散々お試しでクレンジングを繰り返し荒れた唇もしっとり。そんな私のボルドーを叶えてくれたのがこれです。

f:id:escapismphoto:20171020120746j:plain   「 MiMC/ミネラルルージュトーキョーレッドちょい茶色がかった深い赤。私の救世主です。ありがとう、大事に使います。

   今までなぜしっくり来なかったか、もちろんいろいろお試ししたので気付きました。まず、私のイメージするボルドーと、流行のボルドーが違うということ。流行のボルドーはベリー系なんです。赤紫系のボルドーなんですが、私これが最強に似合わないんです。私の唇はちょっと分厚めで、地の唇の色が濃いピンクなんです。そうすると、もう唇がドーンと主張しちゃうのです。暗めだという葡萄色も、私のピンクの唇に乗るとただのベリー色。深みとか一切無くなります。まじ?こんな暗い色のリップまで、私の唇に乗せたら明るくなんの!?って嫌になるくらい驚きました。その上、目や鼻など他のパーツも大きいほうなので、なんかもう壊滅的に顔がうるさくなります。唇だけバブル期みたいだし。

    そして私のイメージするボルドーというのはベリーや紫系じゃなくて、茶色味のある赤なのです。しかし、ブラウン系の商品が意外に見つからないのです。流行はベリー系だから。じゃあ、ベージュ系にしてみようかってなると、私の唇の色の濃さ故にリップの色が消えます。まるで何も塗っていないかのようにリップの色が同化するのです。え、何これ透明リップかな?

 

   ということで、今回のリップ探しは超手こずりましたが、なんとか探し求めていた色に出会えました。そして、美容部員のいるカウンターでサラッと立ち去るスキルを習得し、成長した気分です。