雨は止んでも、また降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

【X-T20】FUJIFILMのカメラが「肌が綺麗に写る」「色が良い」と言われるのは多分こういうこと。

    相変わらず万年カメラ初心者、「X-T20」オートモード絶賛利用中の私が生意気にカメラをレビューします☆最初に言っとくけど、詳しい人には全然参考にならないレビューです。読んだ上で、こんなクソ記事書くなっていう苦情は受け付けません!)

f:id:escapismphoto:20171107183316j:plain
f:id:escapismphoto:20171107183321j:plain


    アドバンスSRオート撮られました(被写体は私)。全くカメラに興味のない人物にテキトーにシャッターを押させた結果が上の写真になります。ちなみに両方の写真ともカメラそれ自体の実力を載せるという意義があるので、なーんにもいじっていません。(顔にスタンプ押しただけ。)二枚の写真を比べると、だいぶ肌色のトーンが違いますが、カメラ様に全ての判断を委ねた結果がこれです。

 

 左の写真はちょっと影で撮ってますがもう怖いくらいリアル。ほんと目で見たまんまって感じです。の写真はちょっと明るい場所で撮った(多分)こともあり、白く写ったのですが、これがまた違和感なく肌色のトーンがアップしてます。だってこれだけ見たら普通に色が白めの人に見えませんか?

    結論、どんな状況であろうと色再現性が優れているのだと思います。背景も、肌も、どの色も、そして光の違う環境でも、変に強調されたり、弱くなったり、色味が傾くことなく、肉眼で見るような色バランスで写るから全体がすごく調和した画になるのだと思います。それもカメラに全然詳しくなくても、ポンっとシャッター押すだけでそれが可能になるのがFUJIFILMなのかと思いました。おかげで無駄な編集もしなくていいし、ちょっと調整したいときも不自然になりにくいです。

 …そして、多分もう少し頑張ればよりリアルに、綺麗な写真が撮れることでしょう。そろそろ触ってない未知のダイヤルを動かしてみようかな。

 最後にこれだけは言っておかなければ...耳に掛けたハイビスカスは勝手に摘み取ったものではありません。カフェで飲んだジュースに付いてきた生花です。