雨は止んでも、また降ってくる

アラサー女の思いごと、いろいろ

【Olympus tough TG-4】防水カメラと、海中撮影のベストシーズンについて。

f:id:escapismphoto:20171211124633j:plain
f:id:escapismphoto:20171211124635j:plain

写真はうちの水中用カメラtough TG-4&専用プロテクター台目です。(現在2017.12月時点の最新モデルはTG-5です。)シュノーケラーやダイバーの方、価格と機能のバランスを考えてこのtoughシリーズを使用している方も多いのではないのでしょうか。左側の写真はシュノーケリング仕様。万が一手から外れても沈まないようにフロートを取り付けています。右側は専用プロテクターです。ダイビングでは水深10m以上潜るので水圧に耐えるにはプロテクターが欠かせません。

 

ところで、なぜ2台目かというと、夫がドリフトダイビング(潮流の速い場所でのダイビング)の際にカメラをリリースしていまい、そのまま行方不明となったからです。その頃、カメラは買ってから半年、プロテクターに至ってはこれが2度目の使用でした。ドリフトダイビングなので見失ったらその時点でお終いです。探す余地すらありません。非常にショックでしたが、私もカメラが好きなので2台目を迎えたわけです。

 

それ以来、もう二度とカメラを放流することがないように海へ潜る際は''命の次に大事なのはカメラ!''だということを常に意識しています(させています)。

f:id:escapismphoto:20170823151451j:plain
f:id:escapismphoto:20170823151334j:plain
f:id:escapismphoto:20170704122320j:plain
f:id:escapismphoto:20170704121850j:plain
f:id:escapismphoto:20171211132852j:plain
f:id:escapismphoto:20171211132910j:plain

こんな水中写真ももちろんですが...

f:id:escapismphoto:20170628095753j:plain
f:id:escapismphoto:20171211132822j:plain

 水面ギリギリのキラキラ✨ショットや、海水浴で遊んでいるショットも安心して撮れるのもお気に入りポイントです。コンパクトなので、地上用サブカメラとしての役割もありとても便利です。それにしても季節外れな夏の写真ばかりになってしまいました。

 

しかし、実は綺麗な海中写真を撮るには''晴れた冬の日''がベストです。もちろん気象条件にもよりますが、海水の透明度は、夏より冬の方が断然上です。海水温が低くなりプランクトンの生息数が少なくなることが主な理由です。ただ、写真撮影において大問題なのが沖縄の冬が曇りがちであるということ。写真は光が命です。プランクトンがどうであれ、結局は晴れることが一番大事です。(マクロ撮影やナイトダイビングは別)。ということで、沖縄で冬ダイビングされる予定の方、晴れたら超ラッキーです。透明度抜群の海中に、太陽の光が差し込むなんてどれだけ美しいことでしょう。寒さ対策をしっかりして、安全と健康と、それからカメラに気をつけて楽しんでください。寒さについてはドライスーツがレンタルできれば一番いいかもしれませんね🌟

注:いろいろ書きましたが、私はシュノーケリング専門です。ダイビングしたことなくて、なんかすみません!!