雨は止んでも、また降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

【あなたはどちら派?】石垣島(八重山諸島)or 宮古島(宮古諸島) 

 ネットで検索すると上記のタイトルについて話題がたっぷり。調べればたくさん出てくるわー、って感じなのですが、あえて私も記事にします。両方とも複数回、いろんな季節に行っているので、いろんな観点から(ちなみに私的なこと言うと宮古島派)今まで撮影した写真を付けて見てみようと思います。どちらへ行こうかお悩みの方も参考になるよう一気にまるっとまとめます!

 

 

あなたの旅はアクティブ?それとも、のんびり?

 ・いろんなところを見てアクティブに刺激のある旅をしたい。

 ・せっかくの休みだからのんびりゆっくり癒される旅をしたい。

  これって人それぞれ意見が分かれるポイントだと思います。あくまでも目安ですが、基本的にはアクティブ派には石垣島八重山諸島)、のんびり派には宮古島宮古諸島)をオススメします。それは観光の方法が両者では少し異なるからです。''フリープランの個人旅行''というのを設定に、一般的な旅を比較してみます。

 

石垣島八重山諸島)】

 石垣島は山があるので起伏の多い島です。サトウキビ畑はもちろんですが、牧草地が広がっていたり、山には広葉樹が生い茂っていたり、川にはマングローブ林があったり…ドライブをしていても景色が変わるので楽しいです。石垣島の一番の見所は、高所から眺める風景かなと思います。ドライブをしながら絶景が見られる岬や展望台に立ち寄ります。

   石垣島周辺の離島には、石垣島離島ターミナルから船で行くことになります。西表島以外の離島は、レンタサイクルで回れる広さです。(小浜島は起伏があるのでちょっとキツいかも… )定期船が出ている島はどこも日帰りで行けますし、宿泊もできます。離島はそれぞれが特徴的なので見所はたくさんあります!

   石垣島以外の離島へ行こうとなると、観光の幅は広がります。しかし、船の出港時間や運行状況、移動にかかる時間などを考慮しながら、ある程度計画的に予定を組まなければなりません。3泊以上の時間が取れるのなら複数の離島へ行くのもいいかもしれません。しかし、2泊以下の日程で複数の離島へ行くとなるととても忙しない旅になりそうです。もちろん何をするかにもよりますが、短期間の旅であれば「石垣島+離島1箇所」くらいがいいのかもしれません。船で行く離島観光に重きを置くのなら、レンタカーは利用せず、船や自転車だけでの旅も成立します。

f:id:escapismphoto:20171220163421j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163415j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163417j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163312j:plain

(写真:左から、玉取崎展望台、平久保崎×2、バンナ公園展望台から望む景色。全て石垣島です。起伏のある地形なので、高台から眺める迫力ある景色が魅力的。)

f:id:escapismphoto:20171220183313j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163605j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163521j:plain
f:id:escapismphoto:20171220184042j:plain

(写真:全て竹富島。離島ターミナルから船で約15分、運行本数も多く、石垣島から一番行きやすい離島です。集落には赤瓦の家が立ち並び、冬でもハイビスカスやブーゲンビリアが咲いていてとても華やかです。もちろん綺麗なビーチもあり、沖縄らしさが凝縮された島です。地域猫ちゃんがたくさんいるので猫好きな方にもおすすめです。見所たっぷりなので曇り空でも楽しめます。もちろん晴れているのが一番いいのですが...!)

f:id:escapismphoto:20171220163442j:plain
f:id:escapismphoto:20171220181945j:plain
f:id:escapismphoto:20171220181940j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163430j:plain

(写真:玉取崎展望台のハイビスカス、その他花と蝶々。とても夏ぽい写真ですが、全て冬に撮影したものです。沖縄の冬は曇りやすいので晴れの日は貴重。)


 

宮古島宮古諸島)】

   宮古島はフラットな地形です。山らしい山はありません。市街地や集落以外はひたすらさとうきび畑が広がっています。起伏が少なく遮るものがないので空がとても広く、開放感抜群のドライブが楽しめます。

   周辺離島もほとんどが橋で繋がっているのでレンタカーでの移動が中心になります。青い海の上に掛かった橋をドライブするのは最高です!(船を利用するのは大神島ぐらい。)車さえあれば行きたいときに、行きたい島へ行くことができます。あまり計画を立てなくてもその日の気分で行動しやすいです。2泊あれば見所は一通り回れます。

f:id:escapismphoto:20171220193819j:plain
f:id:escapismphoto:20171220193604j:plain
f:id:escapismphoto:20171220192646j:plain
f:id:escapismphoto:20171220192211j:plain

(写真:左から、東平安名崎、宮古島から見た池間大橋宮古島池間大橋近く、牧山展望台から見た伊良部大橋。いろんな海の青があります。)

f:id:escapismphoto:20171220192901j:plain
f:id:escapismphoto:20171220191543j:plain
f:id:escapismphoto:20150708150324j:plain
f:id:escapismphoto:20171220191538j:plain

(写真:左から、ピンクのハイビスカス、宮古島某ホテルから見た海、下地島空港タッチ&ゴー、宮古まもるくん。昔はパイロット訓練生の練習場でもあった下地島空港。今はその役目を終えたので、とてもレアな風景になってしまいました。今後は一部民航機の離発着に利用されるみたい!?)

f:id:escapismphoto:20160724114451j:plain
f:id:escapismphoto:20160912120724j:plain
f:id:escapismphoto:20170516173226j:plain
f:id:escapismphoto:20171220193943j:plain

(写真:左から、伊良部島の夏限定ひまわり畑、下地島空港周辺の海×2、砂山ビーチ付近で見かけた黒アゲハ蝶。宮古島にはハブがいないので、草地も安心。)

 

    ということで、船や自転車でいろんな見所へ行ける石垣島八重山諸島)がアクティブ派向け、時間を気にせず車でどこでも回れる宮古島が(宮古諸島)がのんびり派向けです。

 

 

 

どちらのビーチが綺麗!? 

 もちろん、両者とも海が美しいのはその通りなのですが、どちらがより美しいかというと宮古島だという方が多いかなと思います。とにかく、より海が綺麗な所へ行きたい!という方は宮古島で間違い無いかと思います。ただ、個人の好みもありますし、海の美しさは形容し難いものなので一概には言えません。ということで私が思うそれぞれのビーチの特徴や良さを挙げてみようと思います。

 

石垣島八重山諸島)】遠浅で高波の影響を受けにくい穏やかなビーチが魅力

 八重山諸島はリーフに囲まれた遠浅なビーチが多く、波予報の高い日でも影響が少なく、いつでもなぎなぎで穏やか場所があるのが魅力的です。そのため晴れてさえいれば、広範囲に渡って海面を反射した光がユラユラと揺れてる様子が見られます。波照間島のニシ浜ビーチは別格です。 

f:id:escapismphoto:20171220163303j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163245j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163351j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163348j:plain

(写真:左から、竹富島コンドイビーチ×2、石垣島北部の隠れ家的ビーチ×2。遠浅で美しいと有名なのがコンドイビーチ。とても穏やかな海が広がっています。右の2枚の写真は、詳しくはどこかわかりません。笑 たまたま車で通りかかった海沿いの道で草むらがかき分けられた場所があったので...気になって行ってみたらこんなに綺麗なビーチが!思わぬ発見があるのも旅の醍醐味です。)

f:id:escapismphoto:20171220183918j:plain
f:id:escapismphoto:20171220183445j:plain
f:id:escapismphoto:20171221105318j:plain

(写真:全て波照間島ニシ浜ビーチ。ニシ浜ですが、波照間島の北側にあるビーチです。八重山諸島の中で一番美しいビーチです。波照間島へは石垣島から船でおよそ60分、外洋を通るのでかなり揺れますし、欠航も多いのでなかなか行きづらいのが難点です。一番右の写真は、ビーチへ下る道から撮影したものです。美しすぎる青です。)

 

宮古島宮古諸島)】真っ白パウダーサンドに、発光したかのような青色が魅力

 宮古島(宮古諸島)のビーチが美しい理由の最大の要因は砂だと思います。真っ白な上に、粒子が細かく、もはや砂ではなく粉!?と言っても過言ではありません。海の下地がそんな砂なので、晴れると海自体が青色を発光しているのではないかと思うほど美しいです。高波の日は波打際が濁りやすいです。波の穏やかな日は完璧、言うことなし!

f:id:escapismphoto:20170925143409j:plain
f:id:escapismphoto:20171220182021j:plain
f:id:escapismphoto:20171220182031j:plain

(写真:全て与那覇前浜ビーチ。宮古島といえば定番のここ!という代表的な場所。東洋一美しいとも言われているビーチです。右の二枚は少し波が高く、波打ち際が白くなっています。)

f:id:escapismphoto:20170831142006j:plain
f:id:escapismphoto:20170516173333j:plain
f:id:escapismphoto:20160724114322j:plain

(写真:左から、来間島の長間浜、下地島空港横に干潮時のみ現れるビーチ、池間ブロック。どれも波が穏やかで、文句のつけようがない美しい光景。

f:id:escapismphoto:20160912120311j:plain
f:id:escapismphoto:20160724114339j:plain

(写真:左から、与那覇前浜ビーチ、池間ブロック水面。一番景色が美しいと言われる梅雨明けの時期に撮影したものです。)
 

 

海中はどちらが綺麗?シュノーケリングやダイビングをするなら?

  これは...今はなんとも言えません!というのも昨年(2016)から珊瑚の白化が問題となっているので、きっと石垣も宮古も今はちょっと色褪せているかと思います(ToT)多分、それでも十分綺麗なのですが、ベストコンディションではないです。

 ダイビングの場合、数で言うとポイントが多いのは石垣島八重山諸島)です。宮古島宮古諸島)でダイビングをするなら、伊良部島下地島にポイントが固まっています。

 

石垣島八重山諸島)】西表島(バラス島)近海、珊瑚白化前(2015年夏)

 西表島からシュノーケリングツアーに参加しました。

f:id:escapismphoto:20150801224641j:plain
f:id:escapismphoto:20150801224706j:plain
f:id:escapismphoto:20150801224714j:plain

(写真は青みを消すために編集してありますが、珊瑚が色とりどりで綺麗なのが分かります。特に枝珊瑚畑は、水面から浅い場所に広大に広がっているので、潜らなくてもプカプカ浮いて見ているだけでとても綺麗です。)

 

宮古島宮古諸島)】八重干瀬(ヤビジ)、珊瑚白化後(2017年夏)

 池間島からシュノーケリングツアーに参加しました。

f:id:escapismphoto:20171211132852j:plain
f:id:escapismphoto:20170823151549j:plain
f:id:escapismphoto:20170823151451j:plain
f:id:escapismphoto:20170823151413j:plain

(同じく、青みを消すために編集してあります。魚の数が多く、色とりどりなので十分に美しいのですが、枝珊瑚の白化が目立ちます。枝珊瑚畑は広大ですが、斜面に沿って深く広がっているので潜れたほうが面白いかなと思います。)

 時期は別ですが''島からちょっと離れた場所へのシュノーケリングツアー''ということで、どちらも有名なスポットです。個人的には西表島近海の枝珊瑚畑は今までシュノーケリングした中で一番お気に入りな場所なのですが、今はどんな状況か...(T_T)ちなみに珊瑚の白化が回復するには2〜3年かかるそうです。今後2〜3年で、順調に沖縄に台風がやって来ればいいのですが。

 ところで、船で参加するようなシュノーケリング・ダイビングツアーは午前〜夕方前までという時間設定が多いので、まるっと1日使うことになります。もっとサクッと短時間で海中を見たい場合には、シュノーケリングセットをレンタルして、ビーチからアタックできるスポットへ行きましょう。ライフジャケットは忘れずに。

 ちなみに近年の夏場は、ツアーの場合はかなり前から予約が埋まってしまうので、早めに計画を立てる必要があります。また、シュノーケリングポイントのあるビーチならいつでも好きなタイミングで行けますが、夏場はかなり混雑することもあるようです。気になる方はあえてメジャーな場所を避けて、少しマイナーなスポットを調べていくとのびのび泳げるはずです。

その他アクティビティ、食やお土産などはどちらが充実している?

 自然を利用したアクティビティは石垣島八重山諸島のほうが充実しています。なぜなら、海のほかに山と川があるからです。マングローブが生える川のカヤックツアーや、亜熱帯雨林の散策ツアーなど...。海だけでなく、亜熱帯の自然に興味があるという方は石垣島八重山諸島)の方が楽しみがたくさんあるかと思います。(特に西表島。)

 宮古島宮古諸島には山らしい山もなければ、川らしい川もないので、アクティビティはひたすら海になります。あとは海の近くに、幾つかゴルフ場があります。ゴルフを楽しみたい方には宮古島がお勧めです。

 そして、食やお土産についても石垣島の方が充実しているかなと思います。石垣牛があるので、評判の良い焼肉屋さんが多いです。居酒屋やお食事処も、石垣島の方がたくさんあるかと思います。最近では離島ターミナルの近くに730courtという施設ができたのですが、お菓子御殿(沖縄本島の有名なお土産やさん)、衣料品2店舗、チョコレートショップ&カフェまでできて、洗練されたスポットになっています。(注:これは石垣島に限った話で、その他の八重山諸島については当てはまりません。

 もちろん、宮古島にも飲食店やお土産屋さんはたくさんあります。ただ、石垣島よりは選択肢が少ないかもしれません。

 

 もちろん、沖縄は夏が一番の観光シーズンなのですが、最近では外国人観光客が増えたこともあってか、宿泊施設や飲食店の予約が非常に取りづらくなっています。宿泊施設はもちろんなのですが、飲食店についても、特に夜は当日予約をしようと思ってももう遅いなんてことが多々あるようです。夏場はとにかく何でも早めに予約をしておくことをお勧めします。

 

雨が降っても楽しめる場所は?

 石垣島八重山諸島)】石垣島には鍾乳洞が3つあります。

 鍾乳洞がお勧めです。鍾乳洞は気温も通年安定していて、夏は涼しく冬は暖かく、快適なのもいいところ。石垣島には鍾乳洞が3つあります。1日ずっと雨なんてことになったら全制覇するのもいいかもしれません。

 ただ一箇所だけ、晴れた日に行った方がいい鍾乳洞があります。北部にある「サビチ鍾乳洞」です。この鍾乳洞、出口が海につながっていてすごく雰囲気がいいのです。

f:id:escapismphoto:20171220163216j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163212j:plain
f:id:escapismphoto:20171220163205j:plain

(写真:左から、サビチ鍾乳洞入口、鍾乳洞を抜けて見えた海、変わった地形をしたビーチ。岩場に挟まれた場所から海が見えるとても雰囲気の良い場所です。大きな石がランダムにある砂浜。引き潮時の写真なので、満潮前後だとこの地形は見れないかも?)

 写真をご覧の通り、私は曇りの日に行ってしまったのですが...!晴れた日はとても良いフォトスポットにもなるかと思います。

 

宮古島宮古諸島)】海中水族館・観光農園ユートピアファーム

 海中水族館は文字通り、海中に作られた水族館です。(写真がありません。すみません。)

 観光農園ユートピアファームでは、ハウス内で栽培されているマンゴーや、花々を見ることができます。また、併設のカフェのスイーツがとても美味しいのでお勧めです。

f:id:escapismphoto:20171220182121j:plain
f:id:escapismphoto:20171220182116j:plain
f:id:escapismphoto:20171220182127j:plain

(写真:左から、ハイビスカス×2、ブーゲンビリアに囲まれた通路。これ以外にもいろんな種類のハイビスカスが咲いています。農園観光の後半はひたすらブーゲンビリアです。上から横からお花に囲まれて幸せな気分になれます。散った花びらも素敵です。)

 

  ということで、いろいろ比較してみましたが、両者ともそれぞれに楽しめるポイントがあり魅力的な場所です。そして、どちらへ行くにしても一番大事なこと、最終的に行き着くのは...とにかくお天気に恵まれること!!あなたの離島旅行良い旅になりますように...⭐️