雨は止んでも、また降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

一周回って年賀状が嬉しくなった(2018)

f:id:escapismphoto:20180101140803j:image

 

今朝はまず、自宅のポストをチェック💌

年賀状が届いていることを確認して…

 

年賀状を買いに行きました。

そう、"来たら返す"という受身でずるいスタンスな私。しかし、来年分からはちゃんと年内に出そうと思い直しました。

 

というのも、年賀状をもらえて単純に嬉しかったからです。誰かが少しでも自分のことを思ってメッセージを書いてくれた瞬間があったなんて、とてもありがたいことだなと思いました。それに、私も今日急いで書いた年賀状ではあったけど、誰かのことを思ってメッセージを書くことが楽しかったのです。

 

私が過去に正社員で働いていた会社では、自分の部署の方々全員に年賀状を出さなければいけない雰囲気でした。半ば義務感で書いていたので負担だったし、とても面倒でした。いや、本当は滅びろこの悪しき慣習!と思っていました。でも、今となってはありがたい。届いたのは10通くらいですが。笑   むしろ、このくらいだから嬉しく感じたのだと思います。遠くに引っ越した私の住所を知っている人なんて限られているし、このデジタルな時代に、あえてアナログな手段を使ってやり取りをしてくれる友だちは私にとって希少かつ貴重な存在です。

 

だからと言ってデジタルなメッセージが嬉しくないわけではなくて、もちろん嬉しいです。とにかく、30歳を過ぎて、遠くに引っ越して、なんとなく疎遠になってしまう人もいる中で、今でも繋がっている存在というのは喜ばしいものだなと、改めてしみじみ感じた1日でした。

 

f:id:escapismphoto:20180101183458j:image  

ということで、今年もよろしくお願いいたします。

皆さまにとって良い一年でありますように⭐️