雨は止んでも、また降ってくる

アラサー既婚・子なし女の雑記

【自暴自棄?ストレス発散?】寝る前の過食がクセになってしまった。

最近、起きている時間が辛いです。死にたい気持ちに支配されています。生きてるだけで辛いです。だからと言って、自律神経の弱い私が寝逃げをすると、後々、ひどい頭痛や下痢に襲われることが分かっているので、がんばって起きています。辛いけど起きています。

 

家の中にいると余計に気が沈むので、外へ出てウォーキングをします。以前までは本当に良い気分転換になっていました。しかし、最近は「私は外に出ちゃいけない人間なのではないか?」と思うようになってしまいなんだか外にいるよが怖くなってしまいました。このままだと引きこもりまっしぐらです。

 

昨年、私は仕事をしようと二度トライしました。そして二度とも2週間以内で仕事を辞めてしまうという、ポンコツなことをしてしまいました。そのことがけっこう私にこたえているみたいです。自分で招いて、自爆しただけなのですが。私が仕事をするなんて間違ってた。人に迷惑をかけるだけだった。私には仕事をする能力がありません。社会に馴染むことができません。私には生産的な価値がありません。社会不適合者です。

 

そんなことばかり考えているのですが、起きているときにも、唯一解放される時間があります。それは、睡眠薬を飲んでから寝るまでの時間です。体の力がスッと抜けて、頭もスッキリ、そしてなぜか食欲が湧いてきます。そして意識が朦朧とする中、フラフラとした足どりでキッチンへ向かうと思う存分食べ物を食べます。非常食まで食べ尽くしてしまいました。そしたら満足、眠りにつきます。そして、当然ですが翌朝は後悔の嵐...。最近そんなことを繰り返しています。過食をすることで何かを発散しているんだろうけど、虚しい...こんな無意味なこと早く止めたい。まともな人間になりたい。

f:id:escapismphoto:20170722134200j:plain

ただ、外へ出て働くということが明らかに向いていないので、気力が戻ったら在宅で出来ることをいろいろ模索しなければと思っています。戻って来い、生きる気力...