雨は止んでも、また降ってくる

アラサー女の思いごと、いろいろ

旅行前の不安と体調不良

最近2度旅行へ行く機会があり、それについてのブログもいくつか書きましたが...

 

実はけっこうしんどかった。

 

もちろん楽しいこともあったし、旅行をする機会自体ありがたく思います。

今回の2度の旅行のうち、ひとつは友達と行きました。友達と旅行なんてここ5年以上行っていないので、誘われたときからかなり楽しみでした。...が、それと同時に体調面についての不安がムクムクと膨らんでいました

 

ということで、この記事では経験者なら分かるであろう地味にしんどい旅行前の不安と体調不良、その対処法について自身の体験を踏まえ書いてみました。 

 

 

 f:id:escapismphoto:20180727140938j:image

旅行前の緊張と倦怠感

私は旅行の日程が近づくほどに、楽しみよりも不安が増してきます。約束したけどなんとなくめんどくさくなってきた、ということではなく「体調崩さないかな、同行者に迷惑かけたらどうしよう、旅行の日程ちゃんとこなせるかな…」などなど主に体調面の不安でいっぱいになります。

なるべく気にしないようにはしているのですが、それでも自己暗示にかかるのか、旅行の数日前、または前日くらいから実際に倦怠感出てきたり、食欲不良に陥ってしまいます。

そうなると最近はもう「ああ、またこうなるパターンか」と思って諦めます。諦めはしますが毎回それなりにしんどいので慣れるということはありません。

ちなみに、同行者のいる旅行でも、ひとり旅でも、実家への帰省でもこうなります。旅行以外では、友達の結婚式、資格試験の前、引っ越しの前なども同じような症状になったことがあります。要はプレッシャーと緊張を感じているのだと思います。といことを頭で分かっていても、体調はコントロール不能です。

症状に波がありますが、こんな状態になるのがかれこれ10年以上続いています。歳をとるごとに場数をこなしているはずなのですが、慣れるどころかむしろ体調不良になるのが慢性化してしまっているのが現状です😓

 

旅行中の体調不良

旅行前は不安だったけど、行ってしまえば楽しくて、いつの間にか体調不良も回復していた!なんてこともありました。

しかし、逆に旅行前よりさらに体調が悪化し耐え難い倦怠感に襲われたり、食べ物が全く喉を通らなくなることもありました。今はそこまでひどくなることはほぼないのですが、旅行前から発症した倦怠感を引きずりつつ、食欲はそんなにないけど食べようと思えば食べれるという微妙な状態が旅行の終わりまで続くというのが最近のパターンです。食事をおいしいと思う余裕がないこともあります。旅行全体を振り返ると、楽しかった、けど、しんどかったというパターンが多いです。

今回の旅行では同行者の体力に合わせて行動したのですが、途中から疲労による頭痛が出てきてしまいロキソニンをたくさん使いました。

このような症状が出るタイプの方は、普段から体調を崩しやすかったり、人より体力がないなと感じている方も多いのではないかなと思います。

 

過敏性腸症候群でトイレの不安も

倦怠感や食欲のほか、心配なのはトイレです。私は普段から1日に何度も便意に襲われるタイプの体質です。それに暑さが加わるとお腹を壊しやすくなるタイプです。だから夏は特に辛いです。ひどい時は10分に一度くらいのペースでトイレに駆け込むこともありました。

こうなると旅行どころの話ではなく、日常生活に支障が出るレベルなので暑い日常的に処方薬を使用して対処しています。かなり症状が改善されたことを実感しているので、それだけで旅行に対する不安を和らげることができているなと感じます。

 

これらの症状にどう対処するか

 

(手っ取り早いのは処方薬)

市販薬が効かないときは処方薬に頼ります。私は過敏性腸症候群の薬の他に、入眠剤や安定剤も使うことがあります。ただでさえ体力がないので、睡眠不足になることは避けたいのです。いつもと違う環境でも、スムーズに入眠して睡眠時間を確保することはすごく大事なことだと思っています。さらにロキソニンを飲むこともあるので、旅行の際には一時的に薬を多用してしまうことがあります。もちろんできることならそんな状態は避けたいのですが、今のところ旅行のような一時的な期間であれば仕方ないなと思っています。

それと、薬を携行しているだけでも不安感が和らぐのでお守りがわりにもなります。そういう意味でも、薬があるのとないのでは全然違うと思います。それでも倦怠感と食欲不振はどうにもならないことが多いのですが(;_;)

安易に処方薬をオススメすることはできないのですが、もしこれから旅行やイベントのために初めて薬の処方を考えている方は、思わぬ副作用などもあるかもしれないので日常生活の中で早めに試しておく方がいいかもしれません。それから海外旅行の場合、携行できない薬もあるので事前にチェックしておきましょう。

 

(同行者がいる場合は、旅行の計画段階で事情を話しておく)

 体調不良になりたくないけど残念ながらそうなりそうな予感の強い方は、事前に無理のない計画になるよう正直に話しておいた方がいいと思います。私が今回旅行へ行った友達はアクティブなタイプで、旅先も海外希望とのことでした。それに対し、「私は今体調に自信がないから国内希望、もし海外希望なら気にせず他の友達を誘ってほしい」という旨を伝えました。

相手に合わせることも必要ですが、自分が行けそう・できそうな範囲で合わせてもらうことも必要なことです。

 

(普段から健康に気をつけて生活する)

あまり意識しすぎると、またそれも不安を招いてしまうことになるので基本的に普通に日常生活を送るのがいいとは思いますが、寝不足や食べ過ぎなどはやはり避けておきたいところです。ちなみに私は今回の旅行前までに、体力作りも兼ねてスポーツジムへ4か月間(週2、3日ペース)通っていたのですが、それでも旅行前日からしっかり体調不良がやってきてしまいました...笑 しかし、多分何もしなかったよりは良かったはず、と思っています。

あまりハードな運動は一時的に免疫力を下げてしまうみたいなので、旅行前は無理のない軽い運動にとどめておきましょう。

 

(旅先では無理をしないことを決めておく)

私は、旅先へ到着して意外に大丈夫そう!と思ってもあまり調子に乗らないようにしています。特に胃腸への負担を考慮します。旅先では美味しい食べ物も楽しみの一つですが、無理して全部食べようとしたり、食べ過ぎないように気をつけます。食べ過ぎは疲労にもつながります。そして脂っぽいものは控えます。

それでも食べ物が全く楽しめないわけではないし、旅行の楽しみは他にもたくさんあるので個人的にはそれで大丈夫です。これが食べ歩きや、グルメに重きを置く旅の場合はまた話が違ってくるのですが(^_^;)今のところ、そんなプランの旅行に誘われたら私は行かない選択をするかもしれません。

 

  

それでもやっぱり普通に楽しみたい!

そんなことになるのなら行かなきゃいいんじゃない?と自分で思うこともあります。実際、仕事などでやむを得ない事情があるわけでもないし、必ず行かなきゃいけないということもありません。

それでも行くのは、避けてばかりだと余計に遠出が怖くなってしまうんじゃないかと不安だからです。だから多少無理をしても、体調不良になるとわかっていても、なんとか行ける!と思えば、機会がある限り行きます。しんどいけど、なんだかんだ楽しめる時間もあるのも事実ですし。

 

ここまで読んでいただいた方の中には、今まで体調不良で旅行をキャンセルしてしまった経験があったり、今現在旅行へ行くことに不安な気持ちを抱いていたり、体調不良を起こしている方もいるのではないのでしょうか?誰も自律神経はコントロールできるものではないし、緊張や環境の変化などで体調不良になる方も少なくないかと思います。こういうのって特効薬もなければ、こうしたら治る!と言えるものもなくて困りますよね。

今回私が一緒に旅行へ行った健康でアクティブな友達でも、旅行中ベッドが合わなくて腰痛を起こしたり、寝不足になったりしてました。症状の大小はありますが、環境が変わると誰でも多少の不調はありうることみたいです。

 

最後に、克服していない私が言うのも何なのですが...

あとはもう、Take it easy!

体調を気にかけることも大事ですが、せっかくの旅行ですから楽しみましょう✨